∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、日常のなかで思うこと、綴ります

関ジャニ∞ METROCK2017出演、揺れる気持ち

 

関ジャニ∞のMETROCK2017出演、バンドとしての大きな挑戦が終わりました。

多くのeighterさんと同様、現地へ行くことは叶わず思いを馳せるだけの一日でした。

 

音楽が大好きで楽器に一生懸命に取り組んでいること、いつでも全力で観客を楽しませようとしていること、そんな関ジャニ∞の姿を少なからず見てきたつもりだから、彼らの底力を信じていたし必ず成功すると思っていました。

 

一度きりの「初」野外フェスを楽しんで欲しい、そうすれば観ている人たちも自ずと楽しくなる、関ジャニ∞にはその力があるからとワクワクした気持ちでいました。

 

いつも通り家族と過ごし、家事をこなしながら、時々abemaTVの中継を見てはフェスの雰囲気を感じ、情報を求めてツイッターを覗いたりするなかで、ちらちら目にする批判的な意見、一部ファンへの非難、それに呼応するような罵詈雑言。

そんなことで話題になるのが悔しくて、心がざらつきそうになることもありました。

 

出演時間を迎え、ソワソワしながらツイートされてくる反応を必死に追いました。

関ジャニ∞が届ける音楽に、演奏技術に、観客を盛り上げるパフォーマンスに、フェスに敬意を払う真摯な姿に、キラキラした容姿やオーラに、多くの驚きの声と称賛がありました。

手が震えるほどに興奮したし、誇らしかった。

と同時に、その勇姿を余すことなく見ることは出来ないという歯がゆい思いも押し寄せて来ました。

 

 

今朝のワイドショーで見た演奏後の彼らは、とても晴れ晴れしい顔をしていました。

仕事をやり切った男の顔でした。

そんな表情になれるほどのステージ、やっぱり観たかったな。

丸山くんのべースにゾクゾクしたかった。

すばるくんの突き抜けるような歌声に包まれたかった。

村上くんの煽りに答えたかった。

横山くんのトランペットにうっとりしたかった。

安田くんのギターにしびれたかった。

錦戸くんのセクシーな歌声を聴きたかった。

大倉くんのドラムのリズムで踊りたかった。

どうして映像配信してくれないのって思いました。

事務所が、飛び立とうとするアーティストの足を捕らえてどうするのって、くさくさした気持ちになりました。

 

 

 

  
f:id:junemaru:20170522172113j:image

丸山くん、その目に映した景色は美しかったですか。

共有できなかったことはとても寂しい。

でもね、今日、丸山くんが大切な日で言葉をくれたから。

ベースをやってて良かった、関ジャニ∞ってアイドルをやってて良かったと。

数年前までベースに自信がなさげで、最近でもまだまだ未熟だと言っていた貴方が、胸をはって演奏ってきたと言ってくれたから。

今はもう、それで十分です。 

たとえ全てを見届けられなくても。

丸山くんの心が満たされていることが、とても嬉しい。

 

 

セットリスト

High Spirits

ズッコケ男道

言ったじゃないか

NOROSHI

宇宙に行ったライオン

(丸倉安セッション)

侍唄

丸ベースソロ

Tokyoholic

勝手に仕上がれ

LIFE~目の前の向こうへ~

 
f:id:junemaru:20170522172123j:image

 

メンバーみんなで追い続け、その手に掴みとった景色のこの先に、どんな新たな景色を思い描いているのか。

まだまだ終わらないと彼らが言うから、まだまだ応援し続けます。