∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、主に丸山隆平くんのこと、綴ります

十五祭、そして関西デビュー十五周年


f:id:junemaru:20190826220306j:image

 

京セラドーム大阪で開催された関ジャニ∞の十五祭に行ってきた。

風が強くて幟の写真がうまく撮れてないね。

∞祭のときも十祭のときも、関ジャニ∞のファンだったけれど、現場には行っていないから初の周年ライブだ。

ライブ前は、関ジャニ∞の十五年を詰め込んで “祭” を冠したライブなんだから、楽しいに決まっていると思う一方で、また過去の楽曲を6人に編成し直さなくてはならないなんて、どうしてこのタイミングだったんだと、詮無いことを憂いたりもしていた。

 

ライブを観てはっきりしたことがある。私の中で、関ジャニ∞はもう6人になっているんだなということ。

披露された数々の楽曲にも、驚くほど違和感がなかった。歌割りの変更に気付いても、苦しい感情が伴わなかったと言ったほうが良いのかな。

セトリのプレイリストも作ってみたけれど、十五祭の6人の歌声と演奏を上書きしたくなくて、聴けていない。

 

記憶は薄れつつあるけれど、覚えていることを少し書き留める。

 

オープニング映像は、メンバーとの別れをあやふやにせず、関ジャニ∞の歴史を辿るもので、十五祭の持つ意味を端的に表していたように思う。

∞'o'clock十五祭バージョンでの始まり。こんなに格好いい曲だったんだと驚きがあった。

丸山くんのしなやかなダンスが見たくて、いつかやって欲しいと願い続けた二人の花。イントロが聴こえた時には、声にならない声が出た。

横山くんと村上くんが歌うはにかみオブリガード俺たちは前しか見ないんだ、という歌詞が、心からの叫びのように聞こえて震えた。

StreetBluesでは、安田くんの豊かな表現力と、丸山くんの甘い声とポーズに魅せられ酔わされた。

大好きだったカップリング曲、花であれの演奏を聴くこともできた。

 強い風に吹かれ 今にも倒れそうな体で

 それでも強くなろうと笑う

 そんな一輪の花であれ

たとえ壁にぶつかっても、前に進もうとする関ジャニ∞らしい歌詞だから、選んだのかもしれないな。

ロイヤルミクルストーリーには初披露の初々しさを感じ、すばるくんのパートを抜いたこともフラットに受け止められた。

Black of night は、安田くんがその時の関ジャニ∞に必要だと思って作った曲だったはず。それを、踊れるようになった安田くんが、生き生きと踊って見せてくれたことが感慨深い。ライブ終わり、踊れるようになったよ!と言った安田くんに感涙。

ナイナイアイラブユーは、横山くんのトランペットと大倉くんの深い低音が光っていた。関ジャニ∞には武器がたくさんある。

振り付けによって、波のように揺れるペンライトの明かりが情緒的だった大阪ロマネスク

勝手に仕上がれでドームが一体となる高揚感はすごい。6人でも、ハーモニカがなくてもセトリに入ったことが嬉しい。丸山くんのスラップに錦戸くんの丸山!、これからも聴き続けたい。

Tokyoholic の安田くんと錦戸くんの掛け合いも良かった。6人バージョンを聴き直したくてウズウズしている。

ハーモニーの美しさに感嘆した咲く、今。、特に丸山くんの歌い方が好きだ。

ひとつのうたを一緒に歌えたことは大切な思い出、ハッとするほど村上くんのソロが良かった。

 

 

8月25日は関ジャニ∞が関西デビューを果たした日。一日遅れの、十五周年おめでとう!

8人間時代があって、7人時代があって、今、6人の関ジャニ∞がいる。

同じ時代を過ごせていることに感謝でいっぱいだ。

 

出会って別れて 笑って泣いて
僕らは今 はじまるから

ずっと懸命に咲いてみるから
それぞれの今 はじまるから

 

寂しい印象を持っていた咲く、今。がライブでは違う歌のように聴こえた。力強くも美しい歌声に、6人で刻む新たな歴史を、光に満ちた未来を、確かに予感したんだ。

 

関ジャニ∞の旅はまだまだ続きます

パンフレットのこの言葉がすべて。