∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、主に丸山隆平くんのこと、綴ります

丸山くんのベース道〜丸の大切な日とananと〜


f:id:junemaru:20190709225809j:image

 

《今朝、部屋でお相手してくれた子》

《今日はこの子。弾き比べてタイプは?みたいなことで出会った一本》

《今朝はこの子。この子もいい子。朝から褒め殺して、弾いたのさ》

《最近のお気に入りちゃん。良い色してるでしょ?

《もっと上達して、この子達に見合う男にならなきゃな》

 

まるで、愛しい想い人の話でもしているように連日綴られる、丸の大切な日。

どうやら丸山くんは、朝ベースを日課にしたらしい。

 

撮る・撮られるって、ベッドインしているようなもの。音楽のセッションもそう。これ!っていう感覚とかライブ感が生まれると楽しい。

 

ananでこんな話をしていたものだから、ベースを女性に変換して、なんやかんや想像するのも容易くて、写真に映り込むカーテンやベースを掻き抱く腕も、一層、想像力を掻き立てる。

わざとなのかしらね。だとしたら、まんまと乗せられて喜んでしまっている。

 

そんな言葉遊びみたいな文面の向こう側に、楽しみながらも、真面目に、真摯に、心を打ち込んでベースに励む丸山くんが居る。

 

《楽器って知れば知るほど面白い》

《こう言うのが、追求してみたいって欲求なんやな》

《楽器って、奥が深い》

《もっと上手くなりたい。小手先じゃなくて、本当の意味で》

《今までにない場所に踏み入れてみたくなった》

《まだまだその先なんて、めちゃめちゃめちゃある》

 

暗闇を手探りで進むのではなく、光が指すその先に、まだ見ぬ新しい世界が必ずあることを知っている、だから進むんだという強い意志が伺える。

 

丸山くんはどんな人が好きか。

 

こういうことを俺はやりたい!って叫んでいるような人。色っぽいしね。

 

丸山くん自身が語っていたように、今の彼はとても色っぽいと思う。

若いというだけで、儚くもキラキラと眩しい美しさは、影を潜めてきたかもしれないけれど、35歳の大人の経験と自信から滲み出る、凛とした美しさを感じるようになった。

 

僕自身、グループや自分というフィルターを通して、できるだけそういようとしてるから、バンドの時はそんな気持ちが素直な音として出るのかも。

 

前は楽器を弾きながらもニコニコしたり手を振ったりしてたけど、楽器や音楽の難しさを知れば知るほど、シンプルに弾くようになって何もしなくなった。ちゃんとした音を、聴いてくれる人にちゃんと届ければ、それで十分なんかなって。

 

音を届ける。すごく嬉しい言葉だった。

丸山くんから発せられる音を聴きたい、感じたい、そう思う気持ちは日々強くなっている。

関ジャムがあることで、その機会は格段に増えたものの、やっぱり関ジャニ∞の中で聴きたいなという気持ちは強く、初披露のcrystalで丸山くんの音が聴けなかったことは残念だった。

番組側の事情は理解できるけれど、他のバンドと違うのは、音源そのものが関ジャニ∞の音ではないことが殆どだということ。

だからこそ、テレビでも極力、生演奏にこだわっているのかなとも思っている。生の空気感を大切にしているとか、本人たちが楽しいというのもあるだろうけれど。

 

《最後は生じゃなくて半熟やったな》

 

すぐに、丸山くんが自ら触れてくれたんだと思った。

ジャニーズという華やかな世界で、歌い踊りパフォーマンスすることにプライドを持っている。同時に、バンドでは生の音を届けたいと思っているんだよ、という気概を感じて、ほっとした。

前日からのモヤモヤも、丸山くんの言葉ひとつで立ち直るなんて、我ながら単純。

 

全部なんて忙しくて到底無理なことは言わないから、6人で演奏したシングルを1曲、そろそろ発売しても良いんじゃないかな。

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥

ここまで書いていたところで、ジャニーさんの訃報が届き、夜になって、丸の大切な日が更新された。

 

丸山くんが悲しみを前に揺れている。その存在が大きければ大きいほど、受け止めるのに時間がかかるだろう。

それでも、変わらないワクワクとドキドキを約束してくれる。

丸山くんが楽しいと思うことを、やりたいと思う道を極めて行ってほしい。それを見せてもらえることが、私のワクワクとドキドキになるから。