∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、主に丸山隆平くんのこと、綴ります

十五祭へ走り出す関ジャニ∞と再始動するすばるくん

関ジャニ∞の十五祭に申し込んだ。

当落発表まで気を揉む時間ではあるけれど、足踏み気味だった関ジャニ∞の音楽活動が、再び走り出すんだと実感できて嬉しい。

新しいメッセージ動画も配信されて。

 

全てはここからだ!Yeah!

 

関ジャニ∞のグループ芸、テンポの良い楽しいやり取り、たくさん笑った。

 

少し前の丸の大切な日でも、欲しい言葉をくれていた。

 

僕達も、僕たちの道をもっと更に極めて行かなきゃな。

 

グループ活動への意気込み、明るい未来を表す言葉だと信じることにする。

 

 

十五祭は6人体制になって二度目のライブ、とはいえ、新しいアルバムの無いライブ。

7人でやってきた楽曲を再構築する必要があるわけで、相当な労力と時間を要する作業になるのだろう。

大変な中にも、GR8ESTのリハーサル期間を支配していたような焦りや苦しさより、新しい演出への気概や楽しみが大きい、そんなふうに感じて準備していて欲しいなと思う。

crystal のMVメイキングで、久々に音楽の場面での、みんなの穏やかな笑顔を見てホッとしたから。そんな時間を過ごせていますように。

 

 

 

そして、すばるくんからも新しいお知らせ。秋にはCDリリースと世界への配信を予定しているとか。

すばるくんの歌声にすばるくんのハーモニカ、少しだけ歌われていた曲も関ジャニ∞時代に作曲していたのと変わらない、昔のまんまだった。

関ジャニ∞では駄目だったのかなあ、なんて未練がましく思って、寂しくなった。

駄目だったんだろうね。やりたい音楽をやりたいタイミングで、やりたいことだけをやっていけるように、ジャニーズを離れたのだろうから。

会見のときの裸一貫で頑張りますという雰囲気に比べると、諸々準備万端だったことも透けて見えるけれど、大きな失敗をしないように賢くやっていくことも必要だから、それも良いと思う。

一度は惚れた歌声だから、自由にのびのびと世界にその歌声を響かせて欲しい。

 

 

すばるくんのニュースを知って、なんとなくJUKE BOXを見たくなった。


f:id:junemaru:20190427104228j:image

 

ああ、丸ちゃんの横にすばるくんが居る。

 

 限界なんてきっとそんなモノない

 

 調教師、ピエロから逃げライオンは

   世界を見たいと 草原走り出した

 

 手を差し伸べたらどうなるんだ?

   時間の限り考えましょう

 

すばるくんと丸ちゃんの歌声が重なる瞬間が好きだったな。

 

 

関ジャニ∞とすばるくんの音楽が、これから先、どこかのシーンで交わることが、有るのか無いのか分からないけれど。

あいつが頑張って活躍してるから、俺もまだまだ一線で頑張り続けるぞ。

そうお互いに思える状態が続くことを、今はただただ願うだけ。

 

*追記

丸の大切な日が更新された。

 

すばるくんのボーカルを支えるのが、丸ちゃんのベースじゃなくなった。

まだまだ気持ちは落ち着かない。