∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、主に丸山隆平くんのこと、綴ります

すばるくんのこと

そんなこと絶対あるわけないと思っていた。

いつか解散とかそんな日が来るとしても、もっとずっとずっと後のことだと思っていた。

 

ドームでライブが出来て、METROCKにも出演して、音楽に向き合う真剣さを認められるようになってきた今、グループでのレギュラー番組がたくさんあって、のりにのった状態で15周年を迎えた節目の今年、まさかメンバーが脱退するなんてありえないだろうって。

だけどそんな打算的な考え方、簡単に打ち砕かれちゃったよ。

 

 

中途半端なことが出来ないんだよね。自分の力だけで音楽を追求したいという思いを、少しでも抱えたまま、関ジャニ∞として活動することは出来ないんだよね。

関ジャニ∞が大切な場所だからこそ、100%の気持ちで活動できなくなってしまったなら、脱退という選択しか考えられなかったんだよね。

なんて真っ直ぐな人なんだろう。

適当に折り合いをつけて、ソロ活動もグループ活動もどっちも手に入れたって良かったじゃない、なんてね、汚い大人になってしまった私は思っちゃったよ。

だけど、嘘はつけない人だから。そんなんじゃ、きっと綻びが出てしまう。

 

記者会見で、人生をかけた決断を告げるすばるくんも、それを尊重して受け入れたメンバーも、眩しくて堪らなかった。

すばるくんにとっても関ジャニ∞にとっても厳しい道になる。分かっていながら、夢を追うすばるくんも、背中を押したいと言った関ジャニ∞も、眩しくて、眩しくて。

関ジャニ∞というアイドルグループやってます。」って誇らしげに言い放ったすばるくんと、今日、会見を開いたすばるくん。

関ジャニ∞に対する気持ちや、eighterに対する想いは、根底では何も変わってないのかもしれないな。

 

 

だけどね、関ジャニ∞をここまで好きになったのは、彼らの音楽に魅了されたからで、そのいちばんの魅力はすばるくんの歌だった。

すばるくんのことはそれほど書いてこなかったけど、すばるくんに引っ張られるように、音楽に力を入れていく関ジャニ∞が好きだった。

それまでジャニーズに興味がなかったけど、すばるくんがいる関ジャニ∞だから、好きになった。

これが偽りのない気持ち。

理屈じゃないんだ。

すばるくんの歌がない関ジャニ∞の音楽を、今までと同じテンションで好きだと思えるか、今は正直分からない。

 

全員で言葉をくれたことは嬉しかったし、関ジャニ∞のことも、すばるくんのことも、応援していきたい気持ちはもちろんある。

関ジャニ∞というグループも、すばるくんも、横山くんも、村上くんも、丸山くんも、安田くんも、錦戸くんも、大倉くんも、それぞれ尊敬しているし、人として大好きになってしまっているから。

 

泣きすぎて頭が痛くてうまくのみこめないよ。

 

 

最初に感じた思いからちっとも進んでない。

ごめんね。