∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、日常のなかで思うこと、綴ります

すばるくんお誕生日おめでとうございます

渋谷すばるくん、36才のお誕生日おめでとう。

そして関ジャニ∞、13周年おめでとう。

 

 
f:id:junemaru:20170922163759j:image

 

ずっと、魂の叫びみたいに歌うすばるくんが好きでした。

最近、ふっと柔らかな表情を浮かべて歌うすばるくんも良いな、と思うことが増えました。

 

もともと欠点のない美形。

なんだか迂闊に触れてはいけないような感じがしていました。

年を重ねて、穏やかな表情が増え、深みのある色気が出てきた今のすばるくん、とても好きです。

 

今も昔も、嘘やごまかしが苦手なことに変わりは無さそう。

でも、仕事で好きな音楽に触れられる時間が増えたからでしょうか。

何かを乗り越えて、呑み込んで、心の持ちようを覚えたからでしょうか。

力みの抜けた柔らかな表情を見せることが多くなりました。

時に可愛らしいくらい。

 

まだまだもっともっと上へ、と貪欲に考えていることでしょう。

でも、闇雲に此処ではない何処かへ、という焦燥は影をひそめたかな。

ちゃんと行きたいところを見据えて、関ジャニ∞を引っ張って邁進している。

そんな自信とか自負とか余裕を感じるようになりました。

 

メンバー7人其々に其々の関係性があるけれど、皆からすばるくんに向けたベクトルだけはなんだか特別に見えます。 

真っ直ぐで、男気にあふれて、潔くて、一度信頼した人にはとことん心を開いて、情が深そう。

周りに居る男たちが、すばるくんの懐に入りたいと思ってしまう魅力があるのでしょう。

 

星団の名前でもある「すばる」は、動詞の「統ばる」が語源だそうです。

「糸で統べたように集まったもの」という意味。

この星の名前を持つすばるくんが9月22日にオーディションを受けて。

星の数ほどいる同世代の若者の中から、様々なことに導かれて集まった人たちが、関ジャニ∞として9月22日に全国デビュー。

ひとつの糸に統べられて今がある。

なるべくしてなった関ジャニ∞

その真ん中に、すばるくんがいる。

魂の繋がりを感じずにはいられません。

 

年齢差はあるけれど、こうして同時代に生きて、彼らの活躍を見ていられることを幸せに思います。