読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、日常のなかで思うこと、綴ります

横山くんお誕生日おめでとうございました

一夜明けてしまいましたが、あらためまして。

横山くんお誕生日おめでとうございます。

 

 

誕生日当日Twitterで呟いたとおり、芸能界での存在を充分に確立したと思われる今でも、新たなことに挑戦し続ける姿勢が素敵だなと思います。

立ち止まったり同じことだけを繰り返していたら、きっと今いる場所に留まることさえ出来ないと分かっているからでしょう。

おかげでeighterは日々楽しいです。

 

横山くんの言葉で印象にのこっているもの、8UPPERSライブでの挨拶やWINK KILLERでのメンバー皆への手紙、EIGHT×EIGHTERライブでの挨拶、それから十祭での挨拶など。

関ジャニ∞が好きだという気持ち、メンバーが大切だという想いを、いつも言葉にしてしっかり伝えてくれる横山くん。

それらの言葉を聞くたび、あぁ関ジャニ∞は大丈夫、素敵なグループだと安心できるのです。

ありがとう。

 

家族のことを話す横山くんも、優しい人柄が滲み出て良いなと思います。

 

横山くんは、私が関ジャニ∞に興味を持ってから二番目に認識した人です。

クイズショウや左目探偵も見ました。

常人でないミステリアスな役が、横山くんの美しさによく合っていたと思いますが、私の好みとしては、どこか俳優さんとしてピンときてなかった。

けれど、破門で見た横山くんはとても良かったです。

何がどう違うか説明しにくいけれど、役の二宮啓之がちゃんと地に足をつけてそこに居たという感じがしたんです。

もしかしたら、前の舞台で鈴木裕美さんに鍛えられたのかもしれない。

「めっちゃ怒られた、考え方も変わった」と横山くんは言っていたけれど、鈴木さんも「芝居を好きになってくれているのがわかった」と仰ってくださったようですしね。

 

私は関ジャニ∞の音楽も大好きなので、横山くんが音楽をすることから一歩退いているように見えた時期は、ちょっともどかしさを感じていました。

だからドームライブでトランペットを初披露し、楽しそうにセッションする姿を映像で観たときは嬉しかったです。

今も忙しいなかたくさん練習しているのでしょうね。

エイターテインメントライブで京セラドームに響きわたったトランペットの音色は本当に力強くて綺麗で感動しました。

 

36歳を迎える今、歌って踊って芝居する舞台に挑戦している横山くんの勇姿を、自分の目で見られないのは心残りだけれど、 きっとこの経験を経てさらに魅力的になるのでしょうね。

そんな横山くんにこの夏会えたら良いなと思います。