∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、日常のなかで思うこと、綴ります

私の好きな丸山隆平くんのソロパート選

ツイッターで素敵なアンケートをみかけました。

丸山隆平さんソロパート大賞

 

是非やってみようと思い、始めてみたらこれがまあ難しいのです。

丸山くんの声が大好きなので、好きなパートがありすぎて絞るのが大変。

まずは、丸山くんの歌の表現力や声色から、ベスト5候補から考えてみることにしました。

 

 

 

 

魂の叫びを歌にのせて、この想いを届けるよ

 

『ふりむくわけにはいかないぜ』

苦しむために生きないで 

あなた自身を愛してくれ

絞り出すような歌いかたと歌詞の強いメッセージに胸がえぐられるようです。

 

『ワッハッハー』

無理して笑っても無意味と笑われても

各文節の頭にアクセントをつけて歌うところが好き。このあとのwohーohみたいなところもかっこいい。

 

『Your WURLIZER』

辛いと嘆く君の声が

また一つ僕の中に届くんだ   

怠い もう嫌だ 帰りたい 

眠い 暑い 寒い 全部終わらせたい 

もうみんな僕に預けて

丸山くんから吐かれる投げやりな言葉の数々にドキドキするし、「預けてぇ」の湿っぽさが好きです。

 

 

 

 

いとしくて大切なんだ、囁くように甘く

 

『myself』

間違いじゃない ただ夢中で走ってた 

大切なモノひとつ選んで

吐息を含んだ声色、歌い回し、強弱のつけかた、すべてが甘くて優しくてとろけそう。

 

『Baby Baby』

いつもいつもそばにいたいのに 

なぜになぜに涙こぼれてしまうの

そんなに甘えられたら抱き締めたくなるよ。

 

『青春ノスタルジー』

もっと上手に踊れたね

優しい、ひたすら優しい 。

短いフレーズだけど、表現の上手さが際立っていると思います。

           

『BJ』

旅立った日から今日まで 

ふと振り返ればやけに眩しいけど

いつものことさ

「やけにぃ」のあとの吐息にグッとくるのと、「振り返れば」と「いつものことさ」の弾むような感じが好きです。

 

もう一曲、ソロではないのでソロ大賞には当てはまらないのだけど、丸山くんの甘い声が際立っていると思うので、甘さ部門のおまけとして挙げます。

 

ロイヤルミルクトーリー』

アッサムにミルクを注いだ 

雲が流れて微かにシナモンの風香り

聴いているだけでミルクティーとシナモンの甘い香りがしてきそう。なんなら口内に甘味を感じるくらい。

 

 

 

 

あの時に思いを馳せたら、少し切なくて

 

『Train in the rain』

日増しに空は削られていく  

いつかは無くなるだろう

何度もふたり 歩いてきたアスファルト

なめらかに言葉をつなげる歌いかたが好き。

曇天の空が目に浮かぶような抑えた声が切ない。

 

『wander』

悲しみも喜びもごちゃ混ぜにして

心から聞こえる叫び声にさえも

耳をふさいでた

歌いだしの「か」とか文終わりの「て」とかが好きだし、少し硬めの声が心に刺さってキュッとなります。 

   

『北風ブルース』

不意にめくれたノートから 

ちぎれ飛ぶ紙ヒコーキ

声の硬さと柔らかさのバランスがすごく好き。

 

イエローパンジーストリート

出会って別れていたずらに過ぎる

季節を歩いても

過ぎるの「る」とか歩いてもの「も」とかが好き。なんとなく丸い感じがして、懐かしさが多めの切なさを感じさせていい感じです。

 

 

 

      

オレについてこいよ、挑発的に

 

『韻踏ィニティ』

阿保ナこと本気 de たのしんでヤンだヨぉ「阿保」の入り方に腰がくだけます。後から出てくる台詞部分の「行かんといて」で急に女々しくなるのも含めて好き。

  

『NOROSHI』

望んだまま手にするは"女王"

女王の歌いまわしが秀逸です。

見下ろされてる感にふるえます。

 

『急☆上☆Show!!』 

モノクロームを塗り替えろRainbow

真空管も吹っ飛んで

「Rainbow」と「吹っ飛んで」の語尾の巻き舌具合が良い。

  

『地元の王様』

のせられ のっかって  ある種無敵の

若い時から上手いなあ。47DVDで初めて観たときちょっとした感動がありました。

 

『EXTEND!』

「期待は10%程度で応戦」Are you alright?

諦観ムードは誰のせい

 さらに表現力に磨きがかかっていると思う。

 歌詞前の「はーん」が色気もあってかっこいい。

 

 

 

 

欲しくてたまらない、色っぽく艶っぽく

 

『Can't U See』

no no いますぐ欲しくなるcharmin' なそぶりは永遠に 

(僕の胸をつかむ いつでも 夢の中へ)

少し緊張感のある声が焦りを感じさせてドキドキするし、終盤はソロではないけれど低音が男っぽくてゾクゾクします。

この曲は主旋律を歌っているところも多いしずっと艶っぽい。

 

『Dye D?』

yeah...But I'm...oh...oh...with  you...

妖艶の一言に尽きます。これより前の大倉くんと歌っている部分もずっと色っぽい。

吸血されても良いわ。

 

『バッキバキ体操第一』

あと一口だけ... 後悔のルーティーン

彷徨い続ける カーボハイドレートのドレイ

愛の歌ではないのに醸し出される艶っぽさがすごいです。

糖質への愛なのか?

 

 

 

 

丸山隆平さんのソロパート大賞アンケートに答えるためにはベスト5を決めなくてはいけません。

甲乙着けがたく、悩みに悩んでなんとか決めました。

第5位からカウントダウンで。

 

 

 第5位  

阿保ナこと本気 de たのしんでヤンだヨ

韻踏ィニティ

   

第4位  

日増しに空は削られていく 

いつかは無くなるだろう

何度もふたり 歩いてきたアスファルト

Train in the rain

  

第3位  

苦しむために生きないで 

あなた自身を愛してくれ

ふりむくわけにはいかないぜ

  

第2位  

no no いますぐ欲しくなるcharmin' なそぶりは永遠に 

(僕の胸をつかむ いつでも 夢の中)

Can't U See

  

第1位  

間違いじゃない ただ夢中で走ってた 

大切なモノひとつ選んで 

『myself』

 

 

こんな感じになりました。

非常に迷いましたが、改めて楽曲を聴き直したりもして楽しかったです。

関ジャニ∞の楽曲って、本当にバラエティにとんでいて素晴らしいな。