読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、日常のなかで思うこと、綴ります

ライブ映像が欲しい関ジャニ∞の過去曲

関ジャニ∞の冬のドームツアー関ジャニ’sエイターテインメント」のDVD&Blu-rayのリリースが5月10日に決まりました。

待ってましたよ!!


f:id:junemaru:20170315151507j:image

インフィニティレコーズのトップ画像がふるえるくらい素敵だったので、頑張ってみたけどちょっと雑な仕上がりに、、、

 

 

1月12日に京セラドームで観た関ジャニ’sエイターテインメントが、私にとって初めての関ジャニ∞ライブでした。

 

ドームにいるというだけで浮足立っていて、メンバーをしっかり見ればいいものを、何故かキョロキョロと客席のペンライトの波を眺めたりしていたようです。

細かいところはあんまり覚えていない。

だから、たとえ別日でも後から映像を観られるってすごくありがたいです。

 

ファンになって数年、ライブに行かなかった時は、リリースされる映像がライブの様子を知れる全てでしたから、毎年とても楽しみにしていました。

 

今回、映像に残してほしいと思っていた日替わりのアコースティックコーナースタジオ・アコースティック演奏、ふわふわポムポムに加えて、なんとビジュアルコメンタリー映像まで特典に入るそうじゃないですか!

もう楽しみしかないです。

ありがとうございます、インフィニティさん。

 

 

 

DVD&Blu-ray発売に感謝しつつ、自分勝手にライブ映像を残してほしい過去の曲を挙げてみようかなと思います。

 

ライブでやって欲しい曲と同義みたいだけど、一度は披露されている曲もあるので、何度も観返せるライブ映像が欲しいという感じです。

 

 

勝手に仕上がれ

ライブで披露されたものの、7人での演奏は収録されませんでした。

TVで何度か披露された映像はあるけれど、繰り返し観たくなるようなものをライブ映像で残して欲しかったという思いがずっとあります。

丸山くんがいろいろ関わった大切な曲だもの。

CD音源も丸山くんが弾いていると分かったときの驚きと感激は忘れられないから。

すばるくんが「まるやま」って叫んで、丸山くんがスラップをビシッと決めて、丸山くんと目を合わせた大倉くんがほほえむ、そんなライブ映像ください。

この曲は実際のライブ会場でも一度は聴いてみたい曲です。

「K.A.N.J.A.N.I.E.I.G.H.T」って叫んで、一体感を味わってみたい。

 

 

Can't U See?

がっつり艶っぽいダンスで。

笑顔封印で汗を散らしながら色っぽく踊るところが観たいです。

前髪の奥から覗く丸山くんのあの綺麗な瞳を想像してください。

伏し目がちに踊っていた丸山くんが「その手をつかんでひとつになる」のところで手を伸ばしてスッとこっちを見る!

きゃーっ!

COUNTDOWN LIVE 2009-2010の時の黒い衣装のような衣装で、裾をヒラヒラさせながら踊る丸山くん、最高じゃないですか。

 

 

ふりむくわけにはいかないぜ

アルバム「元気が出るCD」で一二を争う好きな曲。

これもライブで披露されたものの、完全な形でDVD収録されませんでした。

大倉くんのドラム演奏が聴きたかったです。

手数が多くて激しいドラムをドコドコ叩く姿を観たかった。

ベースもギターも聴きどころいっぱいだし、いつかライブでやって最高の演奏が映像に残ったらいいのにな。

男っぽい曲だから、eighterさん人気はあんまりなのかな。

 

 

朝焼けの太陽

すばるくんの歌い出しと、続く安田くんに丸山くんがハモる冒頭部分が特に好き。

ベースラインがずっとカッコ良いし、ギターの聴かせどころもあるからバンド演奏して欲しいな。

演奏しながら歌うのが可能なのか分からないけど、大変なら歌割りの変更だってありです。

凝ったメロディラインと、悔やんだって仕方ないさっていう救われない感じの歌詞を、すばるくんの突き差すような歌声と表現で聴かせてくれたっていいです。

すばるくんに上から目線でこちらを見据えながら歌って欲しい。

 

 

 myself

メロディや歌詞が好きというのもあるけれど、メンバーみんなの歌がすごく良い。

特に、丸山くんの「間違いじゃない、ただ夢中で走ってた、大切なもの一つ選んで」の「じゃない」と「で走っ」のところで息が混じる感じ。

はぁ、たまんない。

眉間にシワを寄せて堪えるように歌う丸山くんが見える。

2番で優しくハモる丸山くんも好き。

ライブで再現性があるかはわからないけれど、丁寧に歌ってしっかり聴かせてほしい曲です。 

あ、でも、アコースティックバージョンも良いかも。

 

 

キミへのキャロル 

冬にツアーをするならクリスマスソングをぜひ。

ちょっとドジで不器用な関西弁の男子っていうところが関ジャニ∞にぴったり。

伴奏のティンパニとか、安田くんの「プレゼントなんていらないんだよ~」と、すばるくんの「一瞬で飛んでいけないかな~」がとても印象的。

丸山くんの「だからこそ抱きしめてあげられるぜ」もすごく好き。

サンタとかトナカイの被り物でなく、いつかの赤チェックとシルクハットみたいな衣装で歌って欲しいです。

 

 

二人の花

言わずと知れた丸山くんと大倉くんのユニット曲。

8UPPERSで披露されたにもかかわらずDVD収録されず、当時多くの丸担さんを落胆させたという、、、

実際のライブを観ていないからこそ、映像に残して欲しかったという思いが強くありました。

丸山くんのせっかくのカッコいいユニットだよ、なんでなのってしばらく思っていました。

でも数年前くらいから、もういいかなという感じもしています。

JUKE BOXくらいからかなぁ。

他にカッコいい丸山くんをたくさん観られるようになってきたから。

TVでベースを弾く丸山くんをほぼ毎週観られるようになったのも、カッコいい丸山くんへの渇望が少なくなった理由の一つかな。

じゅうぶん満たされています。

だけど、もし過去のユニットをもう一度やりますみたいな機会があれば、ぜひ当時の衣装でやってください。

 

 

他にも、北風ブルースとかアネモネとかロイヤルミルクストーリーとかbackgroundとか、ライブ披露がないまま埋もれて欲しくない、好きな曲はいっぱいあるんだけど。

とりあえずはこの辺で。