∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、主に丸山隆平くんのこと、綴ります

丸山くんと、すばるくんと、大倉くんと

LIFE〜目の前の向こうへ〜

キング・オブ・男!

がむしゃら行進曲

NOROSHI

Heavenly Psycho

オモイダマ

無責任ヒーロー 

大阪ロマネスク 

LIFE〜目の前の向こうへ〜

 
f:id:junemaru:20180711125615j:image

 

関ジャニ∞が7人でのラストステージに自ら選んで、熱い思いを届けてくれた楽曲たち。

バラエティで見せてくれた7人の変わらぬ自然体の姿。

各番組と前後するように届けられた、ジャニーズウェブでの赤裸々な言葉たち。

 

堪える涙を見たり心の内を聞いたりするのは、ときに苦しく胸が締め付けられるもの。一方で、揺れる感情の一端だけでも共有したいと思うし、遠い存在であるはずの彼らの生々しい体温を感じて、人間くささに惹きつけられる。

今はまだ泣いてしまうと分かっていても、関ジャニ∞の音楽を浴びたくて、言葉を聞きたくて、彼らが駆け抜けてきた日々とこれからの未来に思いを馳せたくて、録画を見返したりウェブを読み返したりしています。

 

メンバーそれぞれに対して、思うこと感じることはあるけれど、担当さんたちが愛をもって、様々に言葉を尽くして語っていらっしゃるので、私は印象に残った丸山くんのことを書き留めておきます。

 

 

 

関ジャニ∞クロニクルでのミッション、丸山くんとすばるくんの褒め合いでのこと。

 

ほんまお前の歌好きやねんオレ。お前の歌があったから、ベースとかめっちゃモチベーションめっちゃ上がるし。一時期めっちゃ怖かったけどな。支えられんのかなオレにって思ったけど。ほんまにすばるのおかげや。ありがとうな。

 

お前なんて二人称を使って、しんみりしないようにしてるのか、照れくささを隠そうとしているのか。嬉しさを隠しきれない様子も見せていたのに、最後の最後で泣きそうに声が震えるところが愛おしい。

それまでヤイヤイ言っていたメンバーも、丸山くんがすばるくんの歌のことを話し始めるとしんとして。一瞬、空気が変わるのも、なんか良いグループだなと思いました。

 

すばるくんからは、

お芝居が凄い良いよ。僕は好きですよ。

舞台とかも好きやし、映画とか、ドラマ、そう。好きなことをやってるのが、そう‥‥

(*最後の方がはっきり聞こえない)

 

泥棒役者の舞台は会見直後だったし、すばるくんは観に行けなかったよね。丸山くんの頑張る姿、見て欲しかったな。残念。

お互いに歌が好き、お芝居が好きというエピソードは、今までにもあったけれど、最後にふたりの声で聞けたことが嬉しかったな。

 

このミッション、大倉くんのお膳立てで成立してるんですよね。大倉くんがすばるくんと丸山くんを選んでくれて。こんな機会を作ってくれたこと、大倉くんに感謝です。

少し強引で、だけど外側から包み込むように大きくて、同時にすっと内側に入ってくる柔らかさをもつ大倉くんだからこそ、できたことなのかもしれない。

 

雑誌のレポによると、プライベートでお前の歌が聴きたくなるねん、とも言っていたようで、すばるくんがソロ活動を始めたら、真っ先に聴きに行きそうね、丸山くん。

 

Heavenly Psychoを歌うことになったときの様子も雑誌に載っていました。

すばるが歌いたいの何?という横山くんの問いかけに、少し逡巡してHeavenly Psychoかなあ‥‥と答えたすばるくん。

ヘブンリならすぐ弾けるやろと錦戸くんが答え、村上くんが曲を決めたことをスタッフさんに伝えて、セット内にアコギと楽譜が入れられたそう。

スタッフさんが出来るだけ多くの楽曲の楽譜などを用意してくれていたんですね。

各々声を出し、体を伸ばし準備をする中、全体を気にしながら必要なものを探し出していくのが錦戸くんで、真っ先に大きく声をだして歌い始めたのは大倉くんだとか。

アコギを弾く安田くんが、曲の転調に苦戦していて、錦戸くんが自分のアレンジだから代わりにギター弾こうかと提案するも、安田くんは自らチューニングしたギターを鳴らし続けたそう。

安田くんの意志と、それを汲み取る錦戸くんの思い。

錦戸くんが細かくコードを伝えていくことにして、唇を噛みつつメンバーを見詰めていたすばるくんも、歌声を重ねていったそう。

すばるくん、何を思っていたのかな。

音楽をするとき、リーダーとなって的確に事を進めていく錦戸くんの姿は頼もしいね。

そんな中、なかなか準備の輪に入らなかったのが横山くんと丸山くんだったそう。

口を結びうつむいて座る丸山くんの腕を、黙って肘でつついた横山くんが、伏し目がちのまま安田くんの伴奏に合わせて歌詞をなぞっていった、と書いてありました。

関ジャムで大阪ロマネスクを歌ったときも、一瞬だけ、寂しそうに拗ねたように目を伏せる丸山くんが居て。

あの会見以降、努めて明るく振る舞っていた丸山くんが、そうではない表情を見せるとき、心の奥を覗いたような気になってしまう。丸山くんは、そんなことは望んでいないかもしれないけれど、勝手にそんな顔を見せてくれることに切なくも安堵したりして。

芸能人のファンになるってなんだか不思議な感覚だな。

クロニクルの彼らは、「トランペットのところか」「あそこをな」などと、音源がそのまま流れているのかと錯覚するほど具体的に全員のイメージが共有されていたとのこと。

「7人で歌いたい歌を。ミッションボールが落ちてから歌い終えるまで約26分。宝物のような時間。」と、締めくくられています。

 

 

 

ミュージックステーションで披露されたNOROSHI 。

丸山くんのベース好きとしては、イントロとアウトロのベーススラップが堪らない曲。

この日はアウトロのベースがいつになく力強くて、想いをぶつけるようなスラップに丸山くんの感情の高まりを感じました。

 

関ジャムで披露されたLIFE。

感極まってハモを歌えなくなってしまった錦戸くんをカバーするかのように、真っ赤な顔で歌っていた丸山くん。

後ろを向いたときどんな顔をしていたのかな。表情は見えなかったけれど、笑顔の大倉くんと目があって安心したのじゃないのかな。

最後に歌うすばるくんを見つめる丸山くんの表情はグッとくるものがありました。

 

関ジャニ∞7人での最後の演奏を終えた丸山くんは、 

めちゃめちゃ熱い演奏で、 悔いない音がみんなで出せたと思うので。ありがとう。

と、涙を滲ませながらすばるくんの肩に手を添えました。

丸山くんの口から、悔いのない音という言葉を聞けたことに感動。

ソロで歌うすばるくんの横に立つベーシストに嫉妬して、すばるくんの歌を支えたいと苦手だったベースを頑張って、音にもこだわって何本もベースを買って。

NOROSHIとLIFEに選んだベースは、丸の大切な日で良い音がする、カッコいいでしょと紹介してくれていたベースでしたね。

本当に良い音していました。丸山くんの魂がこもっていたから。

 

 

丸山くんにとって、隣で堂々とベースを弾けるようになりたくて、その歌を支えたいと思っていたすばるくんは、まるで大空に輝く道標、北極星のよう。

迷って振り向いたときに、笑顔で応えてくれる大倉くんは、丸山くんの心を照らす太陽みたい。

物語よりも物語的で情緒的な彼らの関係性に、たくさん心を震わされた7月でした。

 

いよいよツアーも始まります。

私が6人の関ジャニ∞に会うのはまだ先だから、もう少しだけ7人の余韻に浸っていようかな。

 

すばるくん最後の生放送を前にして

あとわずかで、関ジャニ∞としてのすばるくん最後のテレビ放送が始まり、終わりますね。

丸山くんが、eighterなら意地でもリアルタイムでと言ってくれたけれど、人生に支障はなくても生活に支障があるので、リアルタイムでも関西オンタイムでも見ることはできないから、オモイだけは飛ばしておこうかな。

 

今の思い。

関ジャニ∞のこと、すばるくんのこと、自担である丸山くんのことに想いを馳せるとどうしても涙が滲んできてしまう。

それでも悲しみだけに支配されているわけではないです。

最初は怒りにも似た感情があって、悔しくて寂しくて、3ヶ月間、7人全員での露出が無くて、時間だけが過ぎていくことにどうしようもない焦りがあったのは確かです。

でも、その理由がこの間の安田くんの報告で判明して、レンジャー日記や大倉くんのラジオで、それぞれの考えや覚悟を改めて知ることが出来て落ち着きました。

各レギュラー番組のすばるくんラスト放送では、関ジャニ∞とすばるくんがいかにスタッフさんたちから愛されていたかを知ることが出来たし、大型音楽番組では、メンバーがエイターのことを考えて選曲し、気持ちを届けてくれていることも分かって、応援し続けたいう気持ちがさらに大きくなりました。

 

それから、すばるくんのことも。

身近な人の思いがけない病気を知り、自身の人生について、夢について考えることに拍車がかかったとしても、誰も責められないと思っています。

人生70年として、新たな夢を追うなら今しかないと思っても不思議ではないなと。安田くんの手術から1年経った今が、その時だったのかなと思っています。

 

今日の関ジャム、大倉くんが泣いてしまうかもなんて言っていたけれど、すばるくんも、大倉くんも、みんなも泣いたって良いと思う。

自分たちのことを悲しんでいるとか、決別の選択を後悔しているなんて全く思わないから。

気持ちの整理がついていたって、最後なんだもの、一緒に過ごしてきた時間が長く濃い分だけ、様々な思いが頭を過るに決まっている。

笑いあったこと、楽しかったこと、辛かったこと、悔しかったこと、喧嘩したこと、たくさん思い出すでしょう。

緊張、感謝、安堵、寂しさ、きっといろんな感情がない混ぜになって、涙になって出てくることはあるんだと分かるから。

笑顔だって見せてくれるでしょうしね。

私も不安になったり、悲しくなったりはしない。

それぞれの道を、顔をあげて力強く歩んでいくであろう関ジャニ∞とすばるくんを、きっちりこの目に焼き付けたいと思います。

 

All is well

昨日の丸の大切な日、縦読みなんですってね。

「おーるうぃずわらえる」

ふふふ、訛ってる。若しくは‘’笑える‘’の意味も含めたかったのかな。安田くんの体調報告を見て、心配するエイターのために書いてくれたんでしょう。安田くんへの思いもあるかもね。

 (*追記  あとで気づいたけど、嬉しいの‘’う‘’で、「うえる」なのかもしれない‥‥)

丸山くん、機微に聡くて優しくて、少し不器用で、愛おしい人だな、もう。

 

安田くんの報告。

始めの言葉にこそ、息が止まりそうでしたが、明確な病状経過と現状の説明を聞いて、安心してくださいという力強い言葉を聞いて、最後に丸山くんを振り仰いで、メンバーで笑い合う姿を見たところで、ゆるゆると体の力が抜けていくのを感じました。

そんなに大変だったんだと思うと同時に、ああ良かった、と。

つい心配が先に立って、無理をしないでと言いたくなるけれど、どうするか決めるのは安田くん自身なんですよね。

いかなるときも、関ジャニ∞として表舞台に立ち続けることが、安田くんのアイデンティティだというのなら、誰にもそれを邪魔する権利は無いです。

エイターの期待を裏切りたくないという言葉も、ただただ自分を犠牲にしているわけではなくて。期待に応えることが、苦しさや辛さを乗り越えるモチベーションであり、安田くんが関ジャニ∞として生きる意味となっているのでしょう。

誰かのためだけに頑張り続けるなんて、出来るものではないから。そこに自身の喜びや楽しさがあるから、しんどくても続けられる。

反対に自分のことだけを考えることもできなくて。状況が変わろうとしている関ジャニ∞のために踏ん張る、そして視線の先にいつもエイターが居る、そんな安田くんの強い意志も感じました。

今の状態で出来ること出来ないことをしっかり見極めて、その中で後悔の無いよう、力を尽くせる環境が、彼の周りにあって良かった。力を尽くしたなら、その姿がどのようなものであっても、堂々と私たちに見せて欲しいです。

正直に誠実に語ってくれた、安田くんと関ジャニ∞を信じて待つだけです。 

 

7人最後の会報も届きました。

集合写真、良いですね。

笑い声が聞こえて来て、今にも動き出しそうなくらい、みんなが素で笑っている。

編集後記に、丸山くんがメンバーにだけ聞こえる声で何かを言って、みんなが爆笑と書いてありました。何を話していたのかな。

仕事をしていたら、思い通りに行かないことに落ち込んだり、誰かの悪意に触れて辛くなったり、投げ出してしまいたくなるような重圧を感じたりすることもあるでしょう。

それでも、こうやって笑い合える時間が、今までの彼らにはあっただろうし、今もあって、きっとこれからもあるんだろうなと思えるような写真でした。

これまでとこれから、変わるところと変わらないところ。ここでも、正直で誠実な言葉でメッセージを伝えてくれていました。

 

いつだって不安が吹き飛ぶ言葉をくれる。

提供される音楽が好きかどうかだけじゃない、アイドルを応援するってこういうことなんだなと、今更ながらしみじみと感じています。

 

All is well.

きっとうまくいく。

 

 

追記です。

 

安田くんがボクを更新してくれました。

いろんなエイターの思いがあるのを分かった上で、すべてを包み込む度量があって。穏やかで優しくて、ときに強く逞しく。まるで無限の海原のような安田くん。

あなたの笑顔、楽しみにしていますよ。

 

 

舞台「泥棒役者」~俳優 丸山隆平を愛してる


f:id:junemaru:20180507152021j:image

舞台「泥棒役者」が千秋楽も盛況のうちに幕を下ろしたようで安堵しています。

丸山くんもカンパニーの皆さまもお疲れ様でしたと労いの気持ちでいっぱいです。

関ジャニ∞から思わぬ発表があって、どうしてこんな時に丸山くんは舞台なんだとその巡り合わせを憂いたりもしましたが、丸山くんは立派に舞台を務めあげ、楽しいよ、幸せだよ、好きだよと毎日のように言葉をくれて、喉ケア写真まで見せてくれたりして。

本当は体を引き裂かれるくらいの思いをしていたかもしれないのに、いつもファンのことを考えて元気をくれる。そういうところ好きだな、やっぱり離れられないなとしみじみ感じています。

 

 

 

丸山くんが好きだという演技仕事だから、どうしても観ておきたかった舞台。大阪で観劇することができました。


f:id:junemaru:20180507152133j:image
 

映画のカラフルさそのままに、ターコイズブルーと黄緑色の壁をした二階立ての室内。階段の途中に据えられた大きな金庫。タマとミキの置き物。玄関扉といくつかのドア。映画で何度も観た光景がそこに再現されていました。

あの扉が物置きかな、あの階段を登ったり下りたりするんだな、などと想像して過ごす開演前は生の舞台独特のワクワクする時間でした。

 

泥棒仲間とともに豪邸に忍び込んだ元鍵開け名人''はじめ'' をめぐる、童話作家と担当編集者とセールスマンによる勘違い劇。彼らが心を通わせることで、それぞれの明日への希望に繋がっていくという物語の基本は映画と同じ。

前園邸でのエピソード以外はそぎおとされ、前園邸での出来事に焦点を当てているぶん、よりいっそう喜劇要素が満載となっていました。

繰り広げられる勘違い台詞の応酬、畳み掛けるように喋るところから一瞬の沈黙まで、細かく計算しつくされた絶妙な間が笑いを誘います。

扉から出てくる人物と入れ替わるように、別の人物がソファーの陰に隠れたり二階に上がったり、鉢合わせしそうでしないタイミングの妙に感心しながらも、生の舞台だからハラハラと緊張感がつのっていく。観客でありながらこちらも見つからないように隠れて覗いている感覚になりました。

劇中に考案する絵本の内容を実演する演出も面白かった。俳優さんたちがそれまで演じていた人物から絵本の中の人物に変わるので、一粒で二度三度美味しいというお得感。

丸山くんもかなり楽しんでやっていたのじゃないかな。''はじめ'' じゃなくなって相当弾けていたみたい。どんなにキテレツなキャラクターにでも振りきって成りきる、丸山くんの得意とするところでしょう。

 

泥棒役者の核は ''はじめ'' のことが好きになれるかどうか。''はじめ''って良いやつだな、助けてあげたくなるなと思わなくちゃいけない。

その点、丸山くん演じる''はじめ'' はとってもチャーミングでまさにはまり役。お人好しでちょっと抜けてて、前園やセールスマン、泥棒仲間からの振り回されっぷりも堂に入ったもの。

頬を紅潮させてクルクルと舞台上を動き回る丸山くんは生き生きとして、声を張って嬉々として話すところも、優しく語りかけたり呟くところも、困ったような台詞も、切ない話をするところも、良く通る声から ''はじめ''の気持ちが流れ出していました。

マイナスの感情を乗せながらも暗くなりすぎず、ふざけたことを言っていても少しの寂しさが滲み出る丸山くんの声色って不思議。

ガッチリした上半身のわりに細く長い足とか華奢なデコルテもそうだけど、相反する要素の共存とアンバランスさが魅力となって舞台でも発揮されていました。

映像だと、眼や鼻や顎などパーツひとつひとつは男性的なのに集まると女性的な可愛らしさもある顔の作りも事細かに楽しめるのだけど、舞台ではそこまでは無理でした。さすがに一度の観劇では目がいくつあっても足りなかった。

それでも印象的で心に残った表情がいくつかあります。絵本に慰めてもらっていた子供時代を思い出すときの、懐かしそうな、甘酸っぱい想いを噛み締めるような優しい微笑み。殴られながらも絵本の原画を守ろうとする必死さ。泥棒仲間を見送るときの、すっと遠くを見通す澄んだ眼差しなど。

 

最後にびっくりする演出がありました。舞台は前園邸なので、屋外は客席になるわけで。

私(のまわり)にスポットライトが当たるからなんだろうと思っていたら、右側の扉から丸山くんが出てきた!

汗びっしょりで真剣でキリリと美しい横顔が目の前を駆け抜けていきました。時間にして0.3秒くらいでしょうか。一瞬とはいえ、人生でいちばん丸山くんに近づいた記念日となりましたとさ。

 

丸山くんのことを感情を大切にして演じる人だと西田さんが仰っていましたが、何度かそんな話を聞いたことがあります。

マクベスでは、tomorrow speechに至るまでの過程でどんな気持ちになるか、その時に至った感情で演じているとか。ボーイズオンザランでも、共演者さんから感情で演じる人だと言ってもらっていたのじゃなかったかな。

そうやって共演者や演出家の方が丸山くんについて話すのを聞くのが好きです。幸せな気持ちになれます。

丸山くんがライフワークのひとつとして、お芝居の仕事を定期的にやっていけるように願っています。

 

ただ未来へ向かって

会見から10日ほど経ちました。

まだ曲を聴くと泣けてくることもあるし、でもジャニ勉を見たら笑えるし、感情が上がったり下がったり不安定だけど、その波も少しずつ穏やかになってきています。

音楽をやっている関ジャニ∞がいちばん好きな、いち丸山担としての今の気持ちを書いておきます。

 

人には、大切な人の人生を変えることになっても、安定した居場所や持てる武器を失うことになっても、夢を貫くことが出来る人と、そうでない人がいるんだと思います。

すばるくんは前者で、私はたぶん後者だから、いつまでたってもすばるくんの選択に同調は出来ないけれど、だからこそ彼の決断が眩しくて、羨ましいのかもしれない。

丸山くんの言葉を借りるなら、''感情論ではどうにもならない'' くらいの強い思いで、新しい場所で音楽を学びたいと思っている、そんな動機を36才になっても持てるんだという驚きとでも言えるかな。。

すばるくんが決断できたのは、関ジャニ∞への確固たる信頼があったからなのだろうとも思うけれど。

 

10代半ばで、大人の導きによってアイドルのレールに乗っかったすばるくんが、アイドルを全うすべく、不本意なことも辛いことも全部呑み込んで、仲間やファンに応えようと必死にやって来た、ように少なくとも見えていた人が、今、自分の意思で望む道へ進もうとしているのなら、それを喜んであげたいし、この先を応援したい。

人生で本当にやりたいことや勉強したいことを見つけて、それを実現してやり続けられる人は、ほんの一握りだと思うから。

 

 

そうは言っても頭に浮かぶのは関ジャニ∞のバンド曲の数々なわけで。

High Spirits、勝手に仕上がれ、宇宙に行ったライオン、侍唄、生きろ、NOROSHI、LIFE~目の前の向こうへ…

ドラム、ベース、ツインギター、アコギ、キーボード、トランペット、ハーモニカ、パーカッション…7人いるからこそ生み出せる厚みのある音楽。

バンドの時の、澄みきって凛としたすばるくんと、ハスキーで艶っぽい錦戸くんと、オラオラだったり泣きそうだったり振りはば抜群の安田くんとの三つ巴のボーカル。そこに深みを添える丸山くん、大倉くん、村上くん、横山くん。

7人のバンド姿が、いつの間にかいちばん好きなもの、ずっと見ていたいものになっていたのだから、やっぱり寂しい。 

常々、丸山くんの声が好きだと言っているし、ノスタルジアだって好きで何度も観ましたよ。

でも強いて順位をつけろと言われたら、バンド曲に依存する割合が大きかったということ。これはもう好みの問題だから仕方ないです。

High spiritsと勝手に仕上がれのハーモニカはどうすんの、侍唄もすばるくんのボーカルが抜けちゃうのって想像するだけで、涙がちょちょぎれる。 

 

そんな寂しくて泣けて仕方なかった状態から引き上げてくれたのは、サタプラの丸山くんでした。

 

こうなったからには関ジャニ∞としてどういうふうに進んでいくかっていうのを、会見という形でファンの方々のためだったり、これからの自分たちのためでもありますし、ひとつ自分たちが進んでいく、6人でこれからツアーもあったり進んでいくひとつの意思として、すばるくんを気持ちよく見送るという気持ちをみなさんにちゃんと共有していただきたい。

これから6人でまた始まっていくので、応援してくださった方々のためでもありますし、自分たちのこれからのためでもありますし、ひとつ覚悟をもった姿を生でみなさんにお届けしていきたいなと思います。ぜひとも変わらず関ジャニ∞渋谷すばるを応援していただけたらなと思います

 

はっきりとした口調で、「こらからの自分たちのため」「6人で進んでいく意思として」という言葉が聞けて良かったと思いました。

 

すばるくんの歌が大好きで…思い出はたくさんありますけど、ずっと一緒にいたんでね。1回目のオーディションが彼と一緒で、初めて雑誌に載ったのも渋谷すばると一緒だったから、思い入れもお互いあるのはある。

 

こんなのを聞いてしまうと、もう一度丸山くんに、すばるくんの横でベースを弾かせてあげてよ、なんて思わなくないけども。

大きなお世話、ファンのエゴ、ですね。

  

サタプラの放送を見て、丸山くんのことを真面目で優しい人だと改めて思ったし、弱そうに見えるけれど、いや実際、会見の時は消えちゃいそうに感じる瞬間もあったけれど、ちゃんと受け入れて強くいられる人なんだなと思って惚れ直しました。

そりゃそうだよね、様々なことを経験してきた立派な大人なんだから。

 

バンドというのは、喜び、怒り、悲しみ、悔しさなどの感情を共有してきた時間が武器になるからぴったりだと評されたこともある彼ら。ということは、今回のことも6人が共有した時間となり、これから過ごす時間もさらに武器となって、6人の音楽になっていく。だから、それを待とうという気持ちになりつつあります。

 

 「すべてのものは過ぎ去り、消えて行く。その過ぎ去り消えさって行くものの奥にある永遠なるもののことを静かに考えよう。」と言った人がいます。

形としての7人の関ジャニ∞はなくなるけれど、すばるくんが言ったように命懸けでやって来た経験と時間の分だけ、目に見えないかけがえのないものが彼らの中に残ったはずで、それはこれからも色褪せないものとしてあり続けるし、私たちも感じることができるのだと思います。

だから、未来へ向かって。

時々過去も振り返りつつ。自分のペースで応援していきます。

すばるくんのこと

そんなこと絶対あるわけないと思っていた。

いつか解散とかそんな日が来るとしても、もっとずっとずっと後のことだと思っていた。

 

ドームでライブが出来て、METROCKにも出演して、音楽に向き合う真剣さを認められるようになってきた今、グループでのレギュラー番組がたくさんあって、のりにのった状態で15周年を迎えた節目の今年、まさかメンバーが脱退するなんてありえないだろうって。

だけどそんな打算的な考え方、簡単に打ち砕かれちゃったよ。

 

 

中途半端なことが出来ないんだよね。自分の力だけで音楽を追求したいという思いを、少しでも抱えたまま、関ジャニ∞として活動することは出来ないんだよね。

関ジャニ∞が大切な場所だからこそ、100%の気持ちで活動できなくなってしまったなら、脱退という選択しか考えられなかったんだよね。

なんて真っ直ぐな人なんだろう。

適当に折り合いをつけて、ソロ活動もグループ活動もどっちも手に入れたって良かったじゃない、なんてね、汚い大人になってしまった私は思っちゃったよ。

だけど、嘘はつけない人だから。そんなんじゃ、きっと綻びが出てしまう。

 

記者会見で、人生をかけた決断を告げるすばるくんも、それを尊重して受け入れたメンバーも、眩しくて堪らなかった。

すばるくんにとっても関ジャニ∞にとっても厳しい道になる。分かっていながら、夢を追うすばるくんも、背中を押したいと言った関ジャニ∞も、眩しくて、眩しくて。

関ジャニ∞というアイドルグループやってます。」って誇らしげに言い放ったすばるくんと、今日、会見を開いたすばるくん。

関ジャニ∞に対する気持ちや、eighterに対する想いは、根底では何も変わってないのかもしれないな。

 

 

だけどね、関ジャニ∞をここまで好きになったのは、彼らの音楽に魅了されたからで、そのいちばんの魅力はすばるくんの歌だった。

すばるくんのことはそれほど書いてこなかったけど、すばるくんに引っ張られるように、音楽に力を入れていく関ジャニ∞が好きだった。

それまでジャニーズに興味がなかったけど、すばるくんがいる関ジャニ∞だから、好きになった。

これが偽りのない気持ち。

理屈じゃないんだ。

すばるくんの歌がない関ジャニ∞の音楽を、今までと同じテンションで好きだと思えるか、今は正直分からない。

 

全員で言葉をくれたことは嬉しかったし、関ジャニ∞のことも、すばるくんのことも、応援していきたい気持ちはもちろんある。

関ジャニ∞というグループも、すばるくんも、横山くんも、村上くんも、丸山くんも、安田くんも、錦戸くんも、大倉くんも、それぞれ尊敬しているし、人として大好きになってしまっているから。

 

泣きすぎて頭が痛くてうまくのみこめないよ。

 

 

最初に感じた思いからちっとも進んでない。

ごめんね。

 

舞台『泥棒役者』公演初日によせて

折に触れて演じることが好きだと語る、丸山隆平くんの主演舞台『泥棒役者』、初日の幕があがりましたね。

演じる丸山くんの様々な表現を見ることそのものも、好きな仕事に取り組んで輝く姿に触れることも、心ときめく時間なので、こうやってまた、その機会があることが嬉しいです。

 


丸山くんの過去の舞台作品『ギルバートグレイプ』と『マクベス』のパンフレットを出して見ていました。


f:id:junemaru:20180405173233j:image

『ギルバートグレイプ』には人生を諦めたような光の無い瞳の丸山くんが、『マクベス』には憎悪に満ちた赤い目をした丸山くんが載っていました。

泥棒役者』のパンフレットにはどんな丸山くんが居るのかな。

今となっては、丸山くんと西田さんの出会いとなった『BOB』のパンフレットが手元に無いのが残念。



小説も。

f:id:junemaru:20180405173300j:image

『ギルバートグレイプ』は丸山くんを想像しながら何度か読んで、『マクベス』は舞台の予習のためと、舞台観賞後の復習のために何度も読んで、メモ書きもたくさん。大切な本です。泥棒役者もまた読み返してみようかな。



 

舞台を前に、雑誌を何冊か読んだので印象に残った部分の覚書を。

主演舞台も4回目とあってか、不安や産みの苦しみよりも、自信や楽しみ、余裕も感じられるインタビューが多かったように思います。

 

 

 

● STAGE SQUARE vol.31

 

西田さん、『泥棒役者』舞台化にあたって。

映画とは表現が違う。初演の舞台から12年経っているから、前ふたつと同じものをなぞって再演しても意味がない。ちょっとしたパラレルワールドくらいの感覚。泥棒というネガティブな存在が、結果的に人を幸せにしていく物語。

 

丸山くん、はじめを演じるに当たって課題とすること。

はじめの心のなかには常にバレちゃいけないという思いがある。その芯を一本通したままで、それぞれの相手に対して動揺を隠し、平然としたテイでリアクションを取っていくというのが、この役を演じる上での大きなポイントだと思っている。映画と違ってカットもかからず、上演中ずっと、ある種の緊張状態をキープしないといけないので、そのあたりも課題のひとつ。

 

緊張感のある喜劇ならではのテンポの良さが見どころのひとつかもしれませんね。

 

 

 

● BEST STAGE vol.115

 

西田さんから丸山くんへのエールとも言える言葉が。

まず初稿を書いて、書き換えようかなと思っていた部分があった。初稿を読んだ丸山くんも、その箇所に対して自分がこうしようと思っていたのと同じ意見を言ってきてくれた。同じものを共有できている感じがして、すごく嬉しかった。僕が作った作品ではあるが、もう僕の手を離れて丸山くんのものにもなっている。舞台版には、丸山くんの思いがより乗っかるように導いていきたい。

 

丸山くん、より具体的なアプローチについて。

確実に映画よりコミカルな形になると思う。その分、ヒューマンな部分が薄くならないようにっていうのを僕は心がけたい。

幸福で泣けてくるような作品にしたいということは、映画の時にも西田さんが言っていた。舞台版もその部分に違いはない。

はじめのキャラクターが違うので、そこを楽しんでいただけるようなアプローチをしたい。ひとつ気を付けなくてはと思っているのは、前はこういう言い方をしたから、それとは違う言い方をしようという選択の仕方をすること。それは一番違うと思う。ちゃんとつながった中で台詞を言うことを大事にしたい。

 

丸山くんにとって、

舞台は細胞が若返る感じがする、らしいです。

西田さんから見ても、

丸山くんはお芝居が好き。映画の現場でも達者な共演者のみなさんとお芝居をぶつけ合う感覚を楽しんでいるのが伝わってきた。ちょっと相手がニュアンスを変えてくると丸山くんの返しも変わってくる。型で芝居をしないのは素晴らしいことだし、それは今回の舞台でも出ると思う、とのこと。

 

こういうのを聞いてしまうと、何度も舞台を見たいと思ってしまいますね。なかなかな叶わないことだけど。

 

 

●STAGE navi   vol.20

 

東山さんから見た丸山くんの印象。

丸は会う前から、僕の周りの方からの評判がすごくよかった。お笑いの方からなにから、「あいつはすごいね」「いいやつだね」って言われていたので、先輩として嬉しく、誇らしく思っていた。特に千原せいじさんが大絶賛してた。

 

せいじさんと共演したことあるの? 知らなかったな。またして欲しい。アフリカ旅、好きです。

 

事務所の先輩後輩の共演について。

東山さんの考え。

丸は座組のトップだから、その器になって欲しいという事務所の願いが、今回のキャスティングに入ってるんじゃないかと思う。もし丸に不足があるとしたら、言えるのはぼくくらいだろうから。

 

丸山くんは、

胸も借りられるし、仕事のしかたもみていただける。東山さんにとっては面倒くさいんじゃないか。共演者であるけど、ちょっとした指導者的役割もお願いしちゃう形になるから。気が付いたことは言って下さると思うし、あえて言わないという選択肢もあるだろう。でも役の上では同じ座組の一人なので、フラットに向き合えたらなと思う。

取材された雑誌を見るのも、実はすごく楽しみ。この2人がどういうふうに写ってるのか。Jr.時代にはまったく想像もしてなかったことが起こってる。

 

先輩後輩の共演だからこそ得られるものもきっとあるんだろうね。

 

物語について、どんな舞台にしたいか語る丸山くん。

物語に登場する人物のそれぞれに人生があるので、見た方はそれぞれ感情移入する部分が違うと思う。何かしらの感情が動いてくれたらいい。大事にしたい宝物みたいなものを見つけたり、もう一歩進んでみようとか、もうちょっと頑張ってみようとか思ってもらえるようにしたい。

 

西田さんの丸山くん評。

人間的にとても魅力的な人。俳優としては自分を強く出さず、バランスと調和を考えて作品に染まろうとしてくれる。その力を借りたいという思いもあるし、こういう芝居もできるんだという面をもっと世間に出して、彼に芝居のお仕事が増えたらいいな、と。友だち付き合いをさせてもらってる分、自分にしか引き出せない何かを引き出せたらいいなと思う。熱意をもって作品に取り組んでくれるから、一緒に作っている感がとてもある。

 

西田さんが、丸山くんの演技仕事が増えたら良いと、そのきっかけになれたら良いと思って下さっているなんて嬉しいな。

意気投合というほどの浅いものではなく、もっと深いところで共鳴しあった戦友同士、との記者の方の印象にもグッときます。

月並みな表現だけど、この出会いはもう運命だと思う。

 

 

● BEST STAGE vol.116

 

東山さんが丸山くんの演技について話してくれています。

不器用な男を器用に演じる人ってなかなかいない。すごく難しいことだけど、マルを見ていると、この人は本当に不器用なんだと思わされる。技術的に高いものを持っていないと、不器用を演じることはできない。

マルが育ってきた環境、グループでの立ち位置、マルが育んできたものが西田さんの本と合致した。映画を通して、その後の舞台で、はじめというキャラクターに導かれてきたような気がする。これまでの経験によって、どんな球でも受けられる名キャッチャーになっていた。これまで本当にいろんな球を受けてきたんだろう。

 

この言葉には丸山くんも絶句するくらい、心に響いたみたい。

丸山くんを応援する身としても、丸山くんのこれまでが、まるごと認められていることに深い感慨を覚えます。

さらに、

座長にはいろんなパターンがある。例えばカリスマ性とか、圧倒的な年長者であるとか。マルの場合は、人間力にみんなが惹かれてる感じがする。これはこれでひとつのいい形だと思う、とも。

 

丸山くんは、

僕がいつも通り自然にやれているのは、皆さんのおかげだと思う。東山さんもへんなプレッシャーを感じないようにしてくれている、と答えています。

 

さらに、東山さんは、

西田さんという素晴らしい方と出会って、マルの人生は豊かになったと思う。泥棒役者はマルの財産になると思うし、その財産の場に僕も出させてもらって、より磨きをかけてあげたいなと思う、と。

素晴らしい先輩ですね。

 

 

● シアターガイド5

 

この雑誌では、丸山くんが少しだけ上手くいかなかったことを話しています。

最初のうちはセリフも自分の中でうまく通っていなくて、便秘気味だった。でも、東山さんにアドバイスをいただいてスコンと気持ちいいのが出てきたので、このまま進んでいけたらと思う。

 

先輩のアドバイスが良いヒントになったのかな。

 

東山さんから、丸山くんがはじめを演じることについて。

善人が嘘をつく話だと思う。本当に心根が良い人でなければ、善人は演じられない。だから、人の良いはじめはマルにはぴったり。

最終的には、孤独な二人に家族が出来る話だと思っている。血のつながりではなく、心でつながっていく。

 

誰から見ても、はじめは丸山くんの当たり役なのでしょうね。泥棒役者が温かい物語で良かったな。

 

西田さんから見た丸山くんの印象。

真面目で人間ができた、気遣いの人。僕も細かいタイプだから、気になるところが似ている。一緒にいて苦じゃない。

 

西田さんが『泥棒役者』の物語で伝えたいこと。

人生における後悔は誰にでもある、その後悔とどう向き合い、乗り越えていくのかを描きたかった。そして、はじめたちが泥棒に入った家での偶然の出会い、それにより変わっていく人たちのさまを。また、この5、6年で日本の閉塞感が増している気がしていて。人々が他人の意見をたたき合い、自分と違うものを認めない不寛容の時代に入っている。しかし相手にも事情があるんだから、他者を認める…どの作品においても伝えていきたい。

 

西田さんの作品は、数多く知っているわけではないけれど、人間に対する優しい眼差しが根底にあるのかなと思います。

あと、泥棒役者は、文化祭でやらせてくださいというオファーが一番多いらしく、30校ほどが上演したようです。こうして作品が広がっていくのは嬉しいと、西田さんもおっしゃっています。

息子の学校でも文化祭でやらないかしら。自分の子供と関係なくても観に行きますよ。

 

 

AERA No.18

 

東山さんからみた俳優、丸山くん。

俳優には人間力が必要。マルの関ジャニ∞での立ち位置やバラエティーなどを見ていると、裏側にある思いや努力の成果を感じる。舞台向き。マルはそうして信頼を勝ち取ってきた人なのかなという気がする。

 

丸山くんから見た東山さん。

不思議な感じ。一緒にお芝居をしていると、二通りで楽しめる。事務所の大先輩がこんなことしているというミーハー的な楽しみと、間近でお芝居を見られるのは、貴重な機会だからつぶさに観察しよう、お芝居やっててよかったと実感できる楽しみと。

 

 

丸山くんと西田さんの対談、丸山くんと東山さんの対談、丸山くんと東山さんと西田さんの鼎談、いずれからも雰囲気のよさ、お互いへのリスペクトが感じられ、良い舞台になるんだろうなぁと思わされます。

他のキャストのかたも、スタッフのかたも含め、千秋楽まで無事完走できるよう祈っています。