∞の聴こえる部屋で

関ジャニ∞のこと、主に丸山隆平くんのこと、綴ります

関ジャム完全燃SHOW♪手紙〜拝啓 十五の君へ〜と、初めてのジャニ勉ロケ地巡りで倉丸ブーム到来

予告を見た時から楽しみにしていた、手紙〜拝啓 十五の君へ〜

丸山くんと大倉くんのボーカル、3人のピアニストの演奏によるセッション。

どの瞬間の歌声も表情も、何ひとつ取りこぼしたくない、記憶に刻み込んでおきたい。楽曲の持つ力も相まって、そんな気持ちに。

 


f:id:junemaru:20181030160413j:image

歌う前、緊張していそうな丸山くん。

セッション終わりのインタビューで、

「二人で歌えてよかったね。一人やったら消えてしまってると思う。でも消えてしまいそうな時に目の前で大倉が一緒に歌ってくれたから。ハモが複雑でね。すごく支えられて心強かった。」

「寄り添って歌ってくれたからすごく歌いやすかったよ。」

「リハーサルのときにイヤモニの大倉くんの声を上げてくださいってお願いした。」

と、全面的に大倉くんに甘えていた。

会話だけでなく、写真でも。

f:id:junemaru:20181030182256j:image

よほど心強く感じたんだね。

大倉くんも、本番直前には「何があってもこれ1回やで。」と丸山くんにプレッシャーをかけつつ、最後には「俺の良かったとこは?」なんて甘え返したりしているし。

なんだよ、可愛い二人だな。

 

 

f:id:junemaru:20181030160453j:image

♪拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう

f:id:junemaru:20181030160515j:image

♪十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです 

映画スパイダーマンのジャパンアンバサダー就任に際して、自身の十五才の頃について語っていた。

「何でもできる気がして希望に満ち溢れていた。」と丸山くん。

「仕事がない時期で冴えない十五才だった。」と大倉くん。

良いことも悪いことも色々あって、その中には誰にも話せない悩みもあったかな。


f:id:junemaru:20181030164732j:image

♪未来の自分に宛てて書く手紙なら

伏せた視線をすっと上げてその目に映しているのは未来か、過去か。


f:id:junemaru:20181030160551j:image

♪きっと素直に打ち明けられるだろう 

吐息混じりの声、最後を振り絞る感じが切なくてたまらないな。

左手の仕草までもが愛おしい。


f:id:junemaru:20181030160727j:image

♪今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は 誰の言葉を信じ歩けばいいの?

控えめに大倉くんを見遣る丸山くん。

関ジャムで歌うとき特に際立つ、透明感と哀愁がないまぜになったような丸山くんの歌声と、包み込むように深くおおらかで力強さもある大倉くんの歌声。

それぞれ特徴的な声なのに、一緒に歌うとバニラとチョコレートのマーブルクッキーみたいに混ざり合って、耳に心地いい。


f:id:junemaru:20181030161044j:image

♪ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて 苦しい中で今を生きている

なんて切なそうな表情。

十五才というだけでも、将来のこと、友達のこと、好きな子のこと、勉強のこと、容姿のこと、思い通りにならないことへの悩みが尽きないもの。

仕事もしていたふたりは、それこそ胸がばらばらになるような、やるせない思いをしてきたかもしれない。


f:id:junemaru:20181030165611j:image

♪今を生きている

優しくてあたたかい。

じっくり大倉くんを見ていて気づいたこと。よく顔を横に振って歌っている。

しみじみと何かを確かめるみたいに。

 

消えてしまいそうな不安のなかで ‘’生きている‘’ 前半から、自分を信じて ‘’生きていこう‘’ と歌う後半へ。間奏のピアノに誘われていく。


f:id:junemaru:20181030161719j:image

♪人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて

力強く説得力のある大倉くんの歌に、丸山くんもリラックスしてきたのか、二人とも笑顔。伴奏の方々も笑顔。みんな楽しそう。


f:id:junemaru:20181030162628j:image

♪ラララ ラララ Keep on believing

Keep on believing Keep on believing

キラキラとした若さ、迸る命の輝き、信じる強さ、そんなものを感じさせるハーモニー。


f:id:junemaru:20181030162648j:image

丸山くんが提案したというブレイク。


f:id:junemaru:20181030163902j:image

♪ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は 自分の声を信じ歩けばいいの

 一瞬の静寂から、情感のこもった ‘’ああ‘’。


f:id:junemaru:20181030163105j:image

♪いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど 

笑顔を見せて 今を生きていこう


f:id:junemaru:20181030164417j:image

♪今を生きていこう

しっかりと目を合わせて歌う姿が美しいね。

そっと背中を押してくれるような頼もしい歌だった。

良いものを聴かせてもらったなあ。

 

テレビ誌を読んで、実際にセッションを見て、倉丸可愛いブームが到来しているのですが、これには布石があって。

関ジャム放送の数日前、丸山担のMさんにお誘い頂き、大倉担のUさんと初めてお会いしたのです。

Mさんはエイト愛に溢れた素敵なブログを書いておられるのですが、Uさんも真っ直ぐに大倉くんへの想いを語られる方で。

話を聞いていると、どんどん大倉くんのことが可愛くなってくるという…。

大倉くんのイメージが ‘’努力家で聡明、時々ヘタレ‘’ から、‘’気遣い屋で素直で可愛らしい‘’ 部分がクローズアップされた、そんな感じです。

 

おふたりと訪れたのはジャニ勉2/∞のロケ地、阪急池田駅周辺。

まずは五月山動物園へ。

f:id:junemaru:20181031084421j:image

ここは息子がヨチヨチ歩きを始めた頃、動物園デビューとして連れて行った所。

懐かしいなと思いながら行ったのですが、残念ながら休園でした。


f:id:junemaru:20181031083346j:image

駅からもずっとウォンバット推し。

 

ルークカフェへ。

f:id:junemaru:20181030191429j:image

コピルアクではなく満寿美ブレンドと、手作りデザートを。美味しかった。

閑静な住宅街にある、落ち着いた雰囲気のカフェでした。ここで生演奏が聴けるのは、とても贅沢な空間ですね。

 

いわゆるロケ地巡りというものに、然程興味がなかったのですが、いざ行ってみると、ここに関ジャニ∞メンバーが来たんだなあと感慨深いものですね。

そしてそれ以上に、素敵なエイターさんたちとの出会いが嬉しく楽しいものでした。

丸山くんのことが可愛くてたまらないのは相変わらずだけど、今、大倉くんのことも可愛くてたまらなくなっています。

こうやって関ジャニ∞の好きレベルが上がっていくんだな。

さて、どこまでいくのやら。

 

 

関ジャム完全燃SHOW ♪CRAZY GONNA CRAZY

関ジャム完全燃SHOW、食わず嫌い企画〜オーケストラ編を見ました。

オーケストラについて一から教えてくれるトークも興味深かったのですが、セッションが素晴らしかった。

楽曲はTRFCRAZY GONNA CRAZY。言わずと知れたダンスナンバー、と言ってもサビ以外は知っているようでよく知らなかった私です。初めてちゃんと聞いたような気がするけど、もう何十回もリピったのできっと歌えます。

関ジャムのセッションで、ダンスナンバーや打ち込みの楽曲を編曲したものは、今までハズレ無し!! いつだって素晴らしいセッションに化けるんです。

 

東京フィルハーモニー交響楽団の皆さんとティンパニーに横山くん、キーボードに村上くん、ボーカルに丸山くん、peachさんと大西さんの姿も見えます。

本番前の丸山くんのコメント。

オーケストラ背負って出来ることなんてない。貴重な体験なので楽しみたい。

昔は、8時だよ全員集合のようなバラエティでもオーケストラやバンドによる生演奏があったけれど、最近の音楽番組では、オーケストラの生演奏で歌うことも減ってきていますね。ましてやアイドルグループの一員である丸山くんにとっては、関ジャムでなければ得られない機会だったかもしれません。

すばるくんがNHKでスローバラードを歌ったのを思い出したりしました。

いつも緊張が手に取るようにわかる丸山くんも、コメントしているときは落ち着いて見えましたが、オーケストラの前に立ってからは、後ろに向かって一礼したのでしょうか、振り返りながら目を瞑って息を吐く様子は、なんだか緊張しているような感じも。

村上くんが頬を膨らましてキョロキョロする様子も、まるで丸山くんのことを気にかけているようにも見えました。

そういえば雑誌では、「リハーサルから緊張してそわそわしている丸山。緊張をほぐすように優しく話しかける村上はまるでパパ⁉」と書かれていました。

ありがとう村上くん。

 

セッションスタート。

まずはオーケストラによる、きらびやかでゆったりとしたCRAZY GONNA CRAZYの主題の提示から。村上くんが頭を振ってテンポを取っています。

上がっていく音階と横山くんのティンパニーが次への展開を予感させます。これヨナ抜き音階ですよね。関ジャムで学んだ知識ですけど合ってます?

緊張のあまりトランペットで涙目になっていた横山くんも、打楽器のときはポーカーフェイスでシュッとしてますね。カッコ良い。f:id:junemaru:20180920154619j:image

 

ここからは短い音で軽快な演奏へ。f:id:junemaru:20180920111026j:image

‘’ダイヤを散りばめてる様な‘’

丸山くんの歌声と歌詞が相まってハッとするほどキラキラしています。

横山くんの ‘’散らばったジェリービーンズ‘’ に匹敵するキラキラフレーズが生まれましたね。

‘’夜景を車から見てるよ‘’

軽やかな歌と金管楽器が交互に現れて、まるで会話をしているみたい。

歌詞通り ‘’ゴキゲン‘’ な雰囲気。

 

f:id:junemaru:20180920111312j:image

歌い出しの丸山くんから何かを感じたのか、村上くんが丸山くんを見てニコニコ笑っています。丸、調子ええぞ!とか思っていそう。 

‘’何が一番大切なの?‘’

‘’聞きたいけどなかなか言えない‘’

今度は歌と木管楽器のコロコロしたメロディーが交互に。


f:id:junemaru:20180920155102j:image

滑らかなハープが加わってしっとりと。

‘’真面目な自分は茶化しちゃう自分に 負けてるいつもね‘’

丸山くんもオーケストラの演奏に合わせるようにしっとりと歌っています。

真面目な自分は茶化しちゃう自分って、ちょっと丸山くんのことみたい。丸山くんがギャグで盛り上げたりするのは、真面目な自分を隠したいというよりは、とにかく周りを楽しませたいからなんだろうけれど。

 

’だけど不自然じゃなく素直になれるよ 今夜は‼ ‘’

演奏も歌もサビに向けてへ盛り上がっていきます。物語なら、自分の殻に閉じこもっていた主人公が、勇気を得て外の世界へ飛び出す瞬間かな。

一回目のサビ。

‘’CRAZY GONNA CRAZY……‘’

スネアやティンパニーも入って豪華に、闊歩するように。丸山くんの歌もしっかり演奏に合わせて伸びやかに。

‘’星が降る公園を あざやかに色染めて 長く清らかな道を歩いてく ついてゆくよ ずっと 夜が明けなくても‘’

無理のない綺麗で真っ直ぐな歌声ですよね。

はぁため息が出ちゃう。

 

そして、暗転。

照明も暗くなって雰囲気が変わります。

あたかも主人公に試練がやってくるように。f:id:junemaru:20180920160015j:image

‘’フーウーウー ウーウーウ……‘’

丸山くんとオーボエとの囁くような掛け合いから、バイオリン、フルート、トランペットと次々と楽器が重なっていく、張り詰めた空気にゾクゾクと鳥肌がたちました。

トランペットのうしろでオーボエが吹いている、「ソーラソーラソーファミ♭ファレ」がラフマニノフのピアノ協奏曲に出てくるフレーズですかね。

編曲の方の遊び心で、TRFからT=チャイコフスキー、R=ラフマニノフ、F=ファリャの有名曲のフレーズが盛り込まれているのだとか。

暗転してからが好きすぎて、何度も何度もしつこく聞いていたら気づきました。やっとか、という突っ込みは無しで。

花のワルツと火祭りの踊りのフレーズもあるそうなのですが、何処でしょう。花のワルツは昔、有名なクラリネットのフレーズを吹いたことがあるのですが、そこでは無いのかなあ。その前の金管のフレーズかな。なんとなくあたりをつけて聴いてみたけど分かりません。火祭りの踊りに至ってはフレーズすら思い浮かばないです、残念。

 

二回目の

CRAZY GONNA CRAZY…‘’

‘’LOVE YOU GONNA TAKE YOU 2人踊り続ける‘’

f:id:junemaru:20180920184225j:image

今度は優しく優しくそっと包み込むように、微笑も湛えて歌う丸山くん。

危機的状況に颯爽と現れた王子様に助けてもらったというところかな。つい最近、塔の上のラプンツェルのDVDを見たところなので、今、頭に思い浮かんでいます。

 

金管楽器がハッピーエンドを導くかのように加わってダイナミックに。

‘’CRAZY GONNA CRAZY星が降る公園を LOVE YOU GONNA TAKE YOU あざやかに色染めて‘’ 

オーケストラの演奏が盛り上がると共に丸山くんの歌も、色染めての辺りから一段と明るくなって鮮やかな歌声になっていきます。

f:id:junemaru:20180920184411j:image

‘’長く清らかな道を歩いてく‘’

堂々と胸を張って、力強さも。

‘’ついてゆくよ ずっと 夜が明けなくても‘’

丸山くんの歌も演奏も、そして物語も最高潮へ。

 

‘’CRAZY GONNA CRAZY…‘’ 

最後は余韻を楽しむように。

低音の伴奏が効いていて、楽しいです。

 

一流の皆さんによる演奏にワクワクうっとり。素敵な編曲で楽しかったし、オーケストラの魅力を存分に味わえました。クラシックに詳しくない私でも、もっと色々と聴いてみたいなと思えました。

丸山くんは何度もある同じメロディーを、声色を変えや強弱を付けて、歌に物語を与えるように歌っていてとても良かったです。

後半に進むにつれてリラックスしていっているように見えたし、一曲まるごと歌っても声がへたれていない。

今までもソロで歌うのを聞いたことがあるけれど、テレビだと緊張するのか、途中で息が苦しそうだなと感じることがあって。それが今回は全く無かった。

甘くて優しいけど甘すぎず、伸びやかで、耳に心地よい素敵な歌でした。

丸山くんも音楽劇をやったらいいのにな。もともと持っている声が良いし、トレーニングもできるし更に素敵な歌手になるのじゃないかしら。

 

セッションが終わって、オッケーですの声にビクッとする丸山くん。

歌の世界に入り込んでいたのでしょうか。

会心の出来だと思うけれど、大きなリアクションを取るでもなく、ホッとしたような照れたような、はにかんだ表情を見せて、オーケストラの方々に深々と礼をして、指揮者と握手をするのが印象的でした。

 

 

おまけ。

f:id:junemaru:20180920210906j:image

丸山くん、リハの合間に団員の方とコミュニケーションを取って、楽器について色々聞いていたらしいです。

これも何度も言ってますが、丸山くんにウッドベースコントラバス)を弾く楽曲か、ドラマか映画の役が来たら良いのにな。

言霊、言霊。

 

その前に、ドラマといえば丸山くんのスペシャルドラマが決まりました。

おめでとう!

「誘拐法廷〜セブンデイズ」松嶋菜々子さんの主演で、丸山くんはバディを組む弁護士役。世の中お金が全てだと思っている、味方か敵か分からない役どころとか。

あのお髭の丸山くんが見られるんですね、

楽しみです。

 

楽しくて切ないライブ‘’GR8EST‘’と力強いMステ‘’ここに‘’


f:id:junemaru:20180829214645j:image

 

8月25日京セラドームで行われた関ジャニ∞'s eightertainment GR8ESTを観てきました。6人になった関ジャニ∞の音楽に初めて触れるライブ。

すばるくんがいなくなって、メンバーの言動を見聞きして、やっぱり関ジャニ∞という人たちのことが好きだなという気持ちが膨らむ一方で、音楽面でも今までどおり好きでいられるだろうかという不安も少しあったというのが正直なところです。

6人がちゃんと歌える人たちだということも、それぞれに得意な表現力があることも知っています。それでも7人の作り出す音楽は唯一無二で最高だと思っていたし、メインボーカルとしてのすばるくんの声質そのものが好きで、彼を中心とした声の重なりが好きだったから。

途中いろいろ思うことはあったけれど、最後まで見終わって残った感情は、楽しかった!とやっぱり好き!でした。

 

 

ゴールドにGR8ESTと書かれたシンプルなセット。舞台上に並ぶ関ジャニ∞メンバーの楽器。ライブ前のざわざわとした客席。チラチラ光るペンライト。これから始まるエンターテインメントへの期待感に満ちた空間には胸が高鳴りますね。

オープニング映像の後、メンバーが登場してそれぞれの楽器位置へ。大倉くんが、自分たちの積み上げてきたものとしての魅せ方だと言っていた、バンドからのスタート。

 

一曲目の応答セヨは、映画館で何度も聴いた思い入れの強い曲です。‘’君だけは笑わなかった‘’ と渾身の力で歌うすばるくんと丸山くんをこの目で見たかったな、なんて。音楽を浴びる気持ち良さに、体は自然と揺れて楽しいのに、心の隅の方に小さな切なさが生まれてしまった、そんな始まりでした。

 

丸山くんは蓄えた髭とゆるくウェーブのかかった髪がよく似合っていてベースを弾く姿が色っぽかった。初めてのアリーナ前方だったから、メインステージにいる間はベースを抱える丸山くんをロックオン。立ち姿、ベースを滑る手、斜めに傾けた顔、前髪の奥から覗く眼差し…。パンフレットにはベースマガジンの表紙を飾ったベースを弾く写真があったけど、ライブでは使ってなかったですね。最初は黒い子で、ムビステが後方に行って戻ってきた時は赤い子に。どこで持ち替えたんだろ。

ムビステが後方にある間は、バンドセットの後ろ姿を仰ぎ見る格好に。いつもと違う角度の村上くんが印象に残っています。遠目でも鍵盤を叩く指の長さを感じるくらいで、リズムを刻む足が長くて軽やかで、曲の変わり目に楽譜をサッと後ろにやる姿も堂に入ってました。

髪型もあってか、ちょっとふっくらして幼くみえた大倉くんが、器用に後ろ向きにドラムを叩いてくれたりもして盛り上がりました。

ムビステがもどって来るとき、錦戸くんがこちら側を見下ろす位置へ。ギターに貼り付けたピックを剥がして弾いて、またテープで貼り付けてニカッと笑ったのが男前でキュートだったな。ズッコケ男道だったかな。

安田くんと丸山くんも何度か下から仰ぎ見たのだけど、男前は下から見ても男前。普段なかなか無い位置関係で、近づいてきて通りすぎるのをありがたがるって、もう完全に信奉者ですね。

いちばんグッときた丸山くんのベースプレイは無責任ヒーローのソロパート。しばらくバンドマン側を見てこちらに逞しい背中を向けていたかと思うと、やおら振り返って大股開いて、ネック側に上体を傾けたスタイルへ。そこから繰り出されるフレーズがバッチリきまってた。弾き終わってステージ中央へとって返す足取りも軽やかで得意気な顔をしていたと思う。

横山くんはあまり近くに来なかったな。

ヘブンリとかBJとかLIFEとか、すばるくんの歌声が色濃い曲も、しんみりしたけれど不思議と涙は出なかった。6人の演奏と歌声を聴きもらさないようにって、みんな上手く歌えますようにって、横山くんトランペット頑張ってって思いすぎて、ちょっとした緊張状態だったのかもしれない。

 

錦戸くんが最初の挨拶で数字の話をしたんですよ。100を7で割ったら14.28‥‥で、6で割ったら16.66‥‥だと。だからひとり当たり背負うものは2.4くらいしか増えないと。なるほどなぁと、確かに関ジャニ∞全体としてはそうかもしれないなと。メモまで用意して数字で説明する錦戸くん、賢い。

バンドのときの7人の並びが好きだったんですね。それが前列も後列も3人になって、見慣れないなと思っていたのだけど、錦戸くんの数字の話を聞いて、7で割った答えも循環するけど、6で割った答えは16.6666‥‥って綺麗な循環小数になるんだな、無限に6が続くんだなって気が付いて。それがどうしたって話なんですけど、6っていうのも良いもんだなと思ったということなんですけどね。

6人も良いなと思ったといえば、NOROSHI だったか、安田くんが錦戸くんと丸山くんの間に移動してきて、3人が向かい合って演奏していたことがあって、これは初めて見る景色だなと、前列が3人だから出来たんだなと思ったりしました。

丸山くんが好きだと言っていた、バンドの右端から見る景色。新しい景色はどんな風に見えているのかな。

 

全体の印象としては、本当にそうなのか、座席位置せいなのか、私の心持ちのせいなのか、あくまでも素人の私の印象ですけど、バンドはエイタメの迫力やJAMの完成度の高さのほうが上に感じてしまいました。

すばるくんの歌パートの振り分けは適材適所だったと思うし、錦戸くんのNOROSHIの‘’手のひらに背が触れた‘’ や、安田くんのオモイダマの熱唱には、心が熱くなったんですよ。

錦戸くんのロックは最高だし、籠りがちな声質のメンバーが多い関ジャニ∞のなかで、すばるくんと同じく光を差し込むような声を出せる安田くんの歌声も良いなと思う。

横山くんの透き通る声が意外にもズッコケ男道で輝いていたし、村上くんのLOVE&KINGは貫禄を増していて凄くカッコ良かった。全然色モノじゃなかった。

一方で、大倉くんは喉が辛そうで、持ち味の艶のあるおおらかさが影を潜めていたし、丸山くんはピッチが不安定で、声も出しにくかったのか普段ほど伸びやかさがなくて、大丈夫か心配になるくらい。丸山くんも大倉くんももっと歌えるはずなのにね。

歌割りが増えて、アレンジが変わって、演奏や歌に慣れる時間も短くて、きっとものすごく大変だったんだと思う。それに出来が良くなくていちばん悔しいのは本人たちだよね。北海道や名古屋の中止も考えるくらい追い込まれていて、絶対良いものにしたいと思って臨んだライブのはず。

それが、爆発したのが最後に披露された新曲 ここに でした。なんだか急に扉が開いたくらいの勢いを感じたんですよ。切迫感、悲壮感とでも言いたくなるような熱さ。この曲にかける意気込みや前に進もうとする心情がビシビシ伝わって、顔を真っ赤にして歌う丸山くんと声を振り絞って歌う大倉くんや、村上くんの力強い歌声に息をのんだのを覚えています。

今思うと、7人の関ジャニ∞が歌ってきた楽曲を聴きながら、演奏がどうとかピッチがどうとか考えていたのは、受け取る私の方に、すばるくんが居ないけどどうなの?ファルターが掛かっていただけなのかもしれません。6人はずっとありのままの自分たちをさらけ出して、想いを伝えようとしていたに違いないのにね。

最後の一曲があって良かった。それまでの少し引いた気持ちが一気に覆されたから。それだけの力が6人で歌った ここに にはありました。すばるくんのいない関ジャニ∞の音楽が好きでいられるか分からないなんて言ってごめん。7人の関ジャニ∞の音楽も好きだし、6人の関ジャニ∞も音楽も好きだわ。

 

 

 

そんなライブから1週間足らず。ミュージックステーションでも ここに が披露されましたね。

感動しました。前向きな気持ちが伝わるだけでなくて、ハーモニーも美しくて、全員もれなく力強くて上手かった。関ジャニ∞の新しい音楽の表現を見せてもらった。まだ一曲で、6人の上手さや良さが引き立つようにしっかり考えられた選曲だとも思うけれど、この人たちなら関ジャニ∞の多彩な音楽をこれからも繰り広げてくれる、そんな風に思えました。

止まらない思い 抱いて 

慣れない風に吹かれ 

降り出す雨に打たれて 

始まるんじゃない 始めるんだぜ

 

台風の置き土産は、ライブ中止と関ジャニ∞への溢れる好き

 

台風一過とは言い難い台風翌日の空。

晴れてはいるけれど、薄い雲がたくさん通り過ぎ、風も強くてまだまだ台風の名残りを感じる日でした。

丸山くんがウェブに空の写真を載せてくれていたので、私も一枚。

 

 

 

8月23日のライブ前メッセージ動画に映る6人、楽しそうだったんですよ。まあ、あの人たち集まるといつも楽しそうなんですけど。

久しぶりやなーって。1か月ぶりのライブだからバンドリハ中ですーって。安田くんが、丸山くんの伸びてきたあご髭を、何度もむしり取ろうとして、丸山くんが止めろってぇって嬉しそうにしてて。みんながそれを見て笑ってて。

横山くんが、丸山くんのお鬚のだけを話題にするのだけど、安田くんも大倉くんもうっすらお鬚だし、錦戸くんなんて丸山くん以上にガッツリお鬚なの。西郷従道さんなの。

横山くんが、丸山くんに突然コメントをふられて、大倉くんがベイビーを抱っこしてて、村上くんと錦戸くんは端っこでみんなのやり取りを見守ってるみたいにニコニコしてて。

最後にライブお楽しみにっーて、みんなで手を振ってくれて。

あーあ、会いたかったなぁ…。

 

そう思いながらこのブログを書いていたまさにその時、女神様が舞い降りたんですよ!

関西デビュー日の25日の公演に連れて行っていただきました。本当にありがたいことです。

その感想はまた書くとして、中止になった日のことや、その後のレンジャー日記についての気持ちを残しておきます。

 

 

22日はプレ販に行きました。

大阪の空は晴れて、暑かったです。

台風シマロンが近づいているとの予報が出ていたから、自宅最寄りの電車は直ぐに止まると予想して、京セラドーム近辺の駐車場を予約し、帰りに道路が寸断されたら実家に泊まる心づもりもしていました。

私の住んでいるところから都会へは、山を超えなくては行けないので、強風や大雨で直ぐに電車が止まるし、山道も土砂崩れや倒木で遮断されやすいのです。

 

23日の大阪初日、やっぱり空は晴れていました。それでもJRが終電を繰り上げる可能性があると発表するなど、不安のなか出掛ける準備をし終わった頃、中止のメールを受けました。

関ジャニ∞を好きになってCDやDVDを購入するようになってからも、長らくライブに行ったことのなかった私としては、今回行けなくても仕方ないよねと諦める準備も出来ているつもりでした。

が、実際にメールで知らされた時は、悲しくて悔しくて落ち込んだし、涙も出ました。何より6人で最初のライブだから、ドームの中でこの目で見て、耳で聞いて、心で感じたいと自分でも気づかないくらい強く思っていたみたいです。

 

横山くんがヒルナンデスで報告したことを知りました。

 

これ以上メンバーに謝らせたくないとか、メンバーを矢面に立たせた運営に苦言を呈する声も見かけました。

けれど、横山くんが生放送で謝罪してくれたり、いつもより早めにレンジャーを更新して全員が言葉をくれたことで、少なくとも私自身の悲しくて悔しい気持ちは、少しずつ消化できていったように思います。

自然のなせることだから、誰も悪くない。

それでもメンバーがごめんねと言葉にして、やるせない思いや悔しさを吐き出して、いつか思いを返していくから楽しみにしていてと、その時には受け止めてと語りかけてくれることで、悲しい気持ちを共有してくることで、じわじわと傷が癒えて諦めようと思えたんです。

それと同時に、メンバーの悔しさは、私なんかの比じゃないとも気がついて。そこを想像するとまた泣けてきたりもして。

 

 

すばるくんが居なくなって、安田くんの怪我があったから、うまくいけばいいなと思っていたという大倉くん。ほんとに、そうだよね。なんでかなあって、歯がゆかったよね。

でも、これもスピリチュアルから見ると学びなんだと思うよ、安田くん。だから天災に負けたなんて言わないで。負けてないよ。違うか、ここで負けても次に勝てれば良いのかな。

愛想尽かさないでねなんて心配しなくても、どんどん好きになっていってるよ、丸山くん。いつもじゅうぶんに返してもらってる。気持ちを共有していこうと言ってもらえるだけで嬉しいです。

明日のことにぱっと気持ちを切り替えているようにも見える錦戸くん。頼りになるなぁ。台風にボケーって言ってくれてありがとね。

村上くん、今回は力を溜めて、そうだね。その力が爆発すると凄いんだろうね。

横山くんの文章は、短かくてもとても寂しそう。やりたかったよね。

 

 

ライブ中止という困難に直面してもなお、好きな気持ちをまたひとつ大きくさせる関ジャニ∞最高だよ。

 

ご縁があって昨日ライブに行って、好きが更新された話はまた今度。

 

丸山くんと、すばるくんと、大倉くんと

LIFE〜目の前の向こうへ〜

キング・オブ・男!

がむしゃら行進曲

NOROSHI

Heavenly Psycho

オモイダマ

無責任ヒーロー 

大阪ロマネスク 

LIFE〜目の前の向こうへ〜

 
f:id:junemaru:20180711125615j:image

 

関ジャニ∞が7人でのラストステージに自ら選んで、熱い思いを届けてくれた楽曲たち。

バラエティで見せてくれた7人の変わらぬ自然体の姿。

各番組と前後するように届けられた、ジャニーズウェブでの赤裸々な言葉たち。

 

堪える涙を見たり心の内を聞いたりするのは、ときに苦しく胸が締め付けられるもの。一方で、揺れる感情の一端だけでも共有したいと思うし、遠い存在であるはずの彼らの生々しい体温を感じて、人間くささに惹きつけられる。

今はまだ泣いてしまうと分かっていても、関ジャニ∞の音楽を浴びたくて、言葉を聞きたくて、彼らが駆け抜けてきた日々とこれからの未来に思いを馳せたくて、録画を見返したりウェブを読み返したりしています。

 

メンバーそれぞれに対して、思うこと感じることはあるけれど、担当さんたちが愛をもって、様々に言葉を尽くして語っていらっしゃるので、私は印象に残った丸山くんのことを書き留めておきます。

 

 

 

関ジャニ∞クロニクルでのミッション、丸山くんとすばるくんの褒め合いでのこと。

 

ほんまお前の歌好きやねんオレ。お前の歌があったから、ベースとかめっちゃモチベーションめっちゃ上がるし。一時期めっちゃ怖かったけどな。支えられんのかなオレにって思ったけど。ほんまにすばるのおかげや。ありがとうな。

 

お前なんて二人称を使って、しんみりしないようにしてるのか、照れくささを隠そうとしているのか。嬉しさを隠しきれない様子も見せていたのに、最後の最後で泣きそうに声が震えるところが愛おしい。

それまでヤイヤイ言っていたメンバーも、丸山くんがすばるくんの歌のことを話し始めるとしんとして。一瞬、空気が変わるのも、なんか良いグループだなと思いました。

 

すばるくんからは、

お芝居が凄い良いよ。僕は好きですよ。

舞台とかも好きやし、映画とか、ドラマ、そう。好きなことをやってるのが、そう‥‥

(*最後の方がはっきり聞こえない)

 

泥棒役者の舞台は会見直後だったし、すばるくんは観に行けなかったよね。丸山くんの頑張る姿、見て欲しかったな。残念。

お互いに歌が好き、お芝居が好きというエピソードは、今までにもあったけれど、最後にふたりの声で聞けたことが嬉しかったな。

 

このミッション、大倉くんのお膳立てで成立してるんですよね。大倉くんがすばるくんと丸山くんを選んでくれて。こんな機会を作ってくれたこと、大倉くんに感謝です。

少し強引で、だけど外側から包み込むように大きくて、同時にすっと内側に入ってくる柔らかさをもつ大倉くんだからこそ、できたことなのかもしれない。

 

雑誌のレポによると、プライベートでお前の歌が聴きたくなるねん、とも言っていたようで、すばるくんがソロ活動を始めたら、真っ先に聴きに行きそうね、丸山くん。

 

Heavenly Psychoを歌うことになったときの様子も雑誌に載っていました。

すばるが歌いたいの何?という横山くんの問いかけに、少し逡巡してHeavenly Psychoかなあ‥‥と答えたすばるくん。

ヘブンリならすぐ弾けるやろと錦戸くんが答え、村上くんが曲を決めたことをスタッフさんに伝えて、セット内にアコギと楽譜が入れられたそう。

スタッフさんが出来るだけ多くの楽曲の楽譜などを用意してくれていたんですね。

各々声を出し、体を伸ばし準備をする中、全体を気にしながら必要なものを探し出していくのが錦戸くんで、真っ先に大きく声をだして歌い始めたのは大倉くんだとか。

アコギを弾く安田くんが、曲の転調に苦戦していて、錦戸くんが自分のアレンジだから代わりにギター弾こうかと提案するも、安田くんは自らチューニングしたギターを鳴らし続けたそう。

安田くんの意志と、それを汲み取る錦戸くんの思い。

錦戸くんが細かくコードを伝えていくことにして、唇を噛みつつメンバーを見詰めていたすばるくんも、歌声を重ねていったそう。

すばるくん、何を思っていたのかな。

音楽をするとき、リーダーとなって的確に事を進めていく錦戸くんの姿は頼もしいね。

そんな中、なかなか準備の輪に入らなかったのが横山くんと丸山くんだったそう。

口を結びうつむいて座る丸山くんの腕を、黙って肘でつついた横山くんが、伏し目がちのまま安田くんの伴奏に合わせて歌詞をなぞっていった、と書いてありました。

関ジャムで大阪ロマネスクを歌ったときも、一瞬だけ、寂しそうに拗ねたように目を伏せる丸山くんが居て。

あの会見以降、努めて明るく振る舞っていた丸山くんが、そうではない表情を見せるとき、心の奥を覗いたような気になってしまう。丸山くんは、そんなことは望んでいないかもしれないけれど、勝手にそんな顔を見せてくれることに切なくも安堵したりして。

芸能人のファンになるってなんだか不思議な感覚だな。

クロニクルの彼らは、「トランペットのところか」「あそこをな」などと、音源がそのまま流れているのかと錯覚するほど具体的に全員のイメージが共有されていたとのこと。

「7人で歌いたい歌を。ミッションボールが落ちてから歌い終えるまで約26分。宝物のような時間。」と、締めくくられています。

 

 

 

ミュージックステーションで披露されたNOROSHI 。

丸山くんのベース好きとしては、イントロとアウトロのベーススラップが堪らない曲。

この日はアウトロのベースがいつになく力強くて、想いをぶつけるようなスラップに丸山くんの感情の高まりを感じました。

 

関ジャムで披露されたLIFE。

感極まってハモを歌えなくなってしまった錦戸くんをカバーするかのように、真っ赤な顔で歌っていた丸山くん。

後ろを向いたときどんな顔をしていたのかな。表情は見えなかったけれど、笑顔の大倉くんと目があって安心したのじゃないのかな。

最後に歌うすばるくんを見つめる丸山くんの表情はグッとくるものがありました。

 

関ジャニ∞7人での最後の演奏を終えた丸山くんは、 

めちゃめちゃ熱い演奏で、 悔いない音がみんなで出せたと思うので。ありがとう。

と、涙を滲ませながらすばるくんの肩に手を添えました。

丸山くんの口から、悔いのない音という言葉を聞けたことに感動。

ソロで歌うすばるくんの横に立つベーシストに嫉妬して、すばるくんの歌を支えたいと苦手だったベースを頑張って、音にもこだわって何本もベースを買って。

NOROSHIとLIFEに選んだベースは、丸の大切な日で良い音がする、カッコいいでしょと紹介してくれていたベースでしたね。

本当に良い音していました。丸山くんの魂がこもっていたから。

 

 

丸山くんにとって、隣で堂々とベースを弾けるようになりたくて、その歌を支えたいと思っていたすばるくんは、まるで大空に輝く道標、北極星のよう。

迷って振り向いたときに、笑顔で応えてくれる大倉くんは、丸山くんの心を照らす太陽みたい。

物語よりも物語的で情緒的な彼らの関係性に、たくさん心を震わされた7月でした。

 

いよいよツアーも始まります。

私が6人の関ジャニ∞に会うのはまだ先だから、もう少しだけ7人の余韻に浸っていようかな。

 

すばるくん最後の生放送を前にして

あとわずかで、関ジャニ∞としてのすばるくん最後のテレビ放送が始まり、終わりますね。

丸山くんが、eighterなら意地でもリアルタイムでと言ってくれたけれど、人生に支障はなくても生活に支障があるので、リアルタイムでも関西オンタイムでも見ることはできないから、オモイだけは飛ばしておこうかな。

 

今の思い。

関ジャニ∞のこと、すばるくんのこと、自担である丸山くんのことに想いを馳せるとどうしても涙が滲んできてしまう。

それでも悲しみだけに支配されているわけではないです。

最初は怒りにも似た感情があって、悔しくて寂しくて、3ヶ月間、7人全員での露出が無くて、時間だけが過ぎていくことにどうしようもない焦りがあったのは確かです。

でも、その理由がこの間の安田くんの報告で判明して、レンジャー日記や大倉くんのラジオで、それぞれの考えや覚悟を改めて知ることが出来て落ち着きました。

各レギュラー番組のすばるくんラスト放送では、関ジャニ∞とすばるくんがいかにスタッフさんたちから愛されていたかを知ることが出来たし、大型音楽番組では、メンバーがエイターのことを考えて選曲し、気持ちを届けてくれていることも分かって、応援し続けたいう気持ちがさらに大きくなりました。

 

それから、すばるくんのことも。

身近な人の思いがけない病気を知り、自身の人生について、夢について考えることに拍車がかかったとしても、誰も責められないと思っています。

人生70年として、新たな夢を追うなら今しかないと思っても不思議ではないなと。安田くんの手術から1年経った今が、その時だったのかなと思っています。

 

今日の関ジャム、大倉くんが泣いてしまうかもなんて言っていたけれど、すばるくんも、大倉くんも、みんなも泣いたって良いと思う。

自分たちのことを悲しんでいるとか、決別の選択を後悔しているなんて全く思わないから。

気持ちの整理がついていたって、最後なんだもの、一緒に過ごしてきた時間が長く濃い分だけ、様々な思いが頭を過るに決まっている。

笑いあったこと、楽しかったこと、辛かったこと、悔しかったこと、喧嘩したこと、たくさん思い出すでしょう。

緊張、感謝、安堵、寂しさ、きっといろんな感情がない混ぜになって、涙になって出てくることはあるんだと分かるから。

笑顔だって見せてくれるでしょうしね。

私も不安になったり、悲しくなったりはしない。

それぞれの道を、顔をあげて力強く歩んでいくであろう関ジャニ∞とすばるくんを、きっちりこの目に焼き付けたいと思います。

 

All is well

昨日の丸の大切な日、縦読みなんですってね。

「おーるうぃずわらえる」

ふふふ、訛ってる。若しくは‘’笑える‘’の意味も含めたかったのかな。安田くんの体調報告を見て、心配するエイターのために書いてくれたんでしょう。安田くんへの思いもあるかもね。

 (*追記  あとで気づいたけど、嬉しいの‘’う‘’で、「うえる」なのかもしれない‥‥)

丸山くん、機微に聡くて優しくて、少し不器用で、愛おしい人だな、もう。

 

安田くんの報告。

始めの言葉にこそ、息が止まりそうでしたが、明確な病状経過と現状の説明を聞いて、安心してくださいという力強い言葉を聞いて、最後に丸山くんを振り仰いで、メンバーで笑い合う姿を見たところで、ゆるゆると体の力が抜けていくのを感じました。

そんなに大変だったんだと思うと同時に、あぁ治る病で良かった、と。

つい心配が先に立って、無理をしないでと言いたくなるけれど、どうするか決めるのは安田くん自身なんですよね。

いかなるときも、関ジャニ∞として表舞台に立ち続けることが、安田くんのアイデンティティだというのなら、誰にもそれを邪魔する権利は無いです。

エイターの期待を裏切りたくないという言葉も、ただただ自分を犠牲にしているわけではなくて。期待に応えることが、苦しさや辛さを乗り越えるモチベーションであり、安田くんが関ジャニ∞として生きる意味となっているのでしょう。

誰かのためだけに頑張り続けるなんて、出来るものではないから。そこに自身の喜びや楽しさがあるから、しんどくても続けられる。

反対に自分のことだけを考えることもできなくて。状況が変わろうとしている関ジャニ∞のために踏ん張る、そして視線の先にいつもエイターが居る、そんな安田くんの強い意志も感じました。

今の状態で出来ること出来ないことをしっかり見極めて、その中で後悔の無いよう、力を尽くせる環境が、彼の周りにあって良かった。力を尽くしたなら、その姿がどのようなものであっても、堂々と私たちに見せて欲しいです。

正直に誠実に語ってくれた、安田くんと関ジャニ∞を信じて待つだけです。 

 

7人最後の会報も届きました。

集合写真、良いですね。

笑い声が聞こえて来て、今にも動き出しそうなくらい、みんなが素で笑っている。

編集後記に、丸山くんがメンバーにだけ聞こえる声で何かを言って、みんなが爆笑と書いてありました。何を話していたのかな。

仕事をしていたら、思い通りに行かないことに落ち込んだり、誰かの悪意に触れて辛くなったり、投げ出してしまいたくなるような重圧を感じたりすることもあるでしょう。

それでも、こうやって笑い合える時間が、今までの彼らにはあっただろうし、今もあって、きっとこれからもあるんだろうなと思えるような写真でした。

これまでとこれから、変わるところと変わらないところ。ここでも、正直で誠実な言葉でメッセージを伝えてくれていました。

 

いつだって不安が吹き飛ぶ言葉をくれる。

提供される音楽が好きかどうかだけじゃない、アイドルを応援するってこういうことなんだなと、今更ながらしみじみと感じています。

 

All is well.

きっとうまくいく。

 

 

追記です。

 

安田くんがボクを更新してくれました。

いろんなエイターの思いがあるのを分かった上で、すべてを包み込む度量があって。穏やかで優しくて、ときに強く逞しく。まるで無限の海原のような安田くん。

あなたの笑顔、楽しみにしていますよ。